これだけは押さえる!就活面接でよく聞かれる質問とコツ【厳選20問】

CONTENTS

先輩たちがよく聞かれていた質問

①自己紹介をしてください

②志望動機を教えてください

③学生時代頑張ったことは何ですか?

④自分の長所・短所は何ですか?またそれはなぜですか?

⑤自己PRをしてください

⑥アルバイト経験はありますか?

⑦他社選考状況は?

⑧なぜこの業界を志望しましたか?

⑨弊社の強みと弱みについて教えてください。

⑩弊社は第一志望ですか?同業他社じゃなくて弊社を志望する理由は?

⑪特技・趣味を教えてください

⑫挫折や失敗した経験は?それをどう乗り越えましたか?

⑬今の学部(学問)を選んだ理由を教えてください。卒論のテーマは?

⑭最後に何か質問はありますか?

先輩たちが聞かれて困った質問

⑮5年後、10年後の将来像を教えてください

⑯希望する職種は?ご自身の能力がどう役に立つと思いますか?

⑰尊敬する人は誰ですか?

⑱友人からどんな人だと言われますか?

⑲なぜ働くのですか?

⑳最近のニュースで関心があったものは?

面接で上手く質問に答えられない、緊張で話せない、そんなときのコツ

事前に「一問一答ノート」を作る

友人と面接ごっこ

就活のプロに相談

まとめ

面接では数十分の短い時間で皆さんの人生、性格、夢を伝えなければなりません。だからこそ大切なのは「準備をして効率よく自分を売り込むこと」です。


「私はこんな人間です⇒だから私を採った方が良いですよ」と面接官を説得するためにも王道質問をご紹介します。今回はマイナビの調査をもとに20卒が実際に聞かれた質問を載せたので「自分だったらどう言うかな」と考えながら読んでみてください!


先輩たちがよく聞かれていた質問


①自己紹介をしてください

面接官が皆さんの顔と名前を確認すると同時に、この内容が面接の話のタネになることも。ですから簡潔にまとめつつ、のちに聞いて欲しいテーマを匂わせましょう。ただし自己PRではないので長々と自慢話を続けるのはNGですよ。


「〇〇大学の××です。大学ではサッカー部での活動に力をいれていて、趣味は海外旅行です。最近ではリュック一つで東南アジアを巡ってコミュニケーションの大切さを学びました」

こうすればあとで部活と旅行のことに触れてもらえます。面接時間は短いですから、最初から自分のキャラクターを伝えていきましょう。


②志望動機を教えてください

これは皆さん全員が想定する質問だと思いますが、話すときは論理立てて

「私は〇〇な点に惹かれて御社を志望します。私の就活の軸は~で、御社の××という理念に共感しました。~~~」

と相手を説得するつもりで話すと良いです。


関連記事:『相手に伝わる志望動機の書き方』

③学生時代頑張ったことは何ですか?

いわゆるガクチカですね。これも準備済みかと思いますが、いま一度優勝歴の話や事実の羅列ではなく、皆さんが何を考えどう行動したのかが分かるエピソードであるか確認しましょう。


関連記事:『学生時代に頑張ったことで成果がないのはOK?エントリーシート・面接突破術』

④自分の長所・短所は何ですか?またそれはなぜですか?

この場合「長所は~、短所は~。短所に関しては〇〇という方法で克服しようとしていますが、今後も努力します」など解決法も軽く述べるのがおすすめです。


ときどき、よく思われたくて短所はありませんと言う人がいますが、そんな完璧な人間は存在しませんし面接官にウソを疑われてしまいます。


関連記事:『自己分析で「長所がない」と思ったときの簡単な見つけ方』

⑤自己PRをしてください

ガクチカと被りがちですが、もし他にも話せるテーマがあるならバリエーションを付けたほうが良いでしょう。


⑥アルバイト経験はありますか?

アルバイトに力を入れていた人は、役割、大変だった点、心掛けたこと、成長したことをお話ししましょう。


またアルバイトをしていなくても面接は落ちません。下手に取り繕ってウソがばれるより正直にアルバイトをしなかった理由を話してください。


関連記事:『就活に有利なアルバイトとは?アルバイト経験を効果的に活用する方法』

⑦他社選考状況は?

これは正直に言っても良いですし、筆者はたまに誤魔化していました。


例えば金融業界は総合商社に人が流れるので、商社も受けるというと怪訝な顔をされることがあったからです。


他の業界でもそのようなことがあるかもしれません。筆者は「面接は正直に」派ですが、もし「〇〇と併願すると嫌がられる」という情報があるならそこだけ隠すというのも作戦だと思います。


関連記事:『就活でほかに受けている企業を聞かれたら?ポイントまとめ』

⑧なぜこの業界を志望しましたか?

志望動機と似ていますが、質問に正確に答える能力を見られている場合もあるので企業ではなく、業界を選んだ理由を述べましょう。


関連記事:『就活でしない人はいない!面接につながる業界研究の仕方・まとめ方』

⑨弊社の強みと弱みについて教えてください。

「御社の強みは〇〇で、今後さらに成長するために必要なのは××だと思います」というように、企業パンフレットや新聞を参考にしながら話すと良いでしょう。大切なことは、どれだけ志望企業のことを知ろうとしているのかという点です。


⑩弊社は第一志望ですか?同業他社じゃなくて弊社を志望する理由は?

インターンや説明会に参加しているとその際のエピソードを基に他社との差を説明できるためおすすめです。


関連記事:『面接での質問「複数内定が出たらどこに行きますか」の意図と答え方』

⑪特技・趣味を教えてください

多趣味なのか、一つを極めるのかで性格がわかりますよね。この質問には正解がなく、皆さんがどんな人かを知るために聞かれます。


関連記事:『新卒学生の就活で特技を聞かれる意味は?』

⑫挫折や失敗した経験は?それをどう乗り越えましたか?

アルバイトや部活、受験、習い事など何の話でも構いませんが、それまでのエピソードと被らない方が良いです。これもガクチカと一緒で事実の羅列にならないようにしましょう。


⑬今の学部(学問)を選んだ理由を教えてください。卒論のテーマは?

高校受験の段階で今の学部に興味を持った理由、大学で一番面白かった授業など聞かれ方は様々ですが、ありのままを答えればオッケーです。


⑭最後に何か質問はありますか?

特にありませんは絶対NGです!事前にニュースやパンフレットを確認して複数用意しておきましょう。


先輩たちが聞かれて困った質問


⑮5年後、10年後の将来像を教えてください

面接を受ける企業に入社したら」という想定で話しましょう。企業HPに載っている先輩社員のキャリアプランも参考にしてみてください。

関連記事:『就活で「5年後10年後の将来像」を聞かれたら|具体例とともに解説』

⑯希望する職種は?ご自身の能力がどう役に立つと思いますか?

希望する職種は話せても、自分の長所をどうやって活かすのかを考えていなかった先輩が多いようです。


関連記事:『就活で知りたい職種の決め方!|基礎知識から応用まで』

⑰尊敬する人は誰ですか?

両親でも先生でも友人でも構いません。大切なのは「なぜそう思ったのか」です。


⑱友人からどんな人だと言われますか?

自分を卑下する必要はありませんが、あまりにも綺麗な言葉を並べて面接官に不信感を持たれては元も子もないです。面接で面接官に与えようとしているイメージとかけ離れないようにしましょう。


⑲なぜ働くのですか?

社会人として働くうえで、皆さんの価値観を知ろうとする質問です。事前に少しでも考えておけば、答えやすいと思います。


⑳最近のニュースで関心があったものは?

面接やテストなど日々忙しいでしょうが、電車の中などで時事問題にも目を通しておくと安心ですよ。ニュースに対して自分自身の意見を述べられるとさらに良いです。


面接で上手く質問に答えられない、緊張で話せない、そんなときのコツ


事前に「一問一答ノート」を作る

面接に慣れない時期、筆者は聞かれた質問を書き留め、そこに自分が言いたい回答もまとめていました。そうすることで面接直前の確認も楽になりますし、なにより質問された後にすらすら答えやすくなりました。ポイントは暗記ではなく、まとめること、です。


友人と面接ごっこ

やはり人に話すことと頭で考えるのとでは全く違います。自分が伝えたいことを100%言葉で表すためには慣れが必要です。


就活のプロに相談

面接練習など選考突破に必要なサポートをする就活エージェントをご存知ですか?筆者も最初は知らない人の力を借りることに抵抗がありましたが、やはりプロだけあって企業情報も豊富ですし新しい視点での意見も得られました


まとめ


面接の時間はすごく短いですよね。その一瞬で皆さんの良さを伝えきるには練習や準備が必要だと思います。今回紹介したのはどの業界でも聞かれるような基本的な質問です。


もしかしたらここには載っていない、予想だにしなかった難問が問われるかもしれませんが、そんなときには冷静に落ち着いて考えれば大丈夫です。企業側も難しい質問をしていることは分かっていますから「少し考えても良いですか」と聞くのも良いでしょう。


また、一番大事なのは、一度や二度の失敗でへこたれないということです。ミスは次回への糧になりますし、その回数が多いほど面接に強くなれます。そしてもし一人での対策に行き詰ってしまったら、JobSpringの私達にお手伝いさせてください!

  • ・面接練習
  • ・メンタルカウンセリング
  • ・企業とのマッチング

などサポート体制を整えて、皆さんを全力で支えます。


TOPIC

新着記事