面接官「最近気になるニュースについて教えてください。」あなたはどう答える?

CONTENTS

なぜニュースのことを聞くのか?

①情報感度の高さを見極めるため

②学生の興味を知りたい

③ものごとに対して自分の考えをもっているか確認

どんなニュースを選ぶべきか?

なるべく最新のもの

話題性のあるものは無難!ただし…

業界関連のニュースは難易度高め

読みやすいニュースサービス一覧

ダイアモンドオンライン

東洋経済オンライン

NewsPicks

Googleアラート

日本経済新聞

面接で「関心のあるニュース」を答えるときの具体例

具体例

まとめ

ニュースについての質問は聞かれて困る質問の1つではないでしょうか。何をどう答えるべきか、面接官の質問の意図は何なのか。考えれば考えるほど、どつぼにハマる質問の1つです。そこで重要になるのがマクロな視点でニュースを観察する能力です。すべての業界に逐一対応するニュースを準備することも大事ですが、そもそも莫大なニュースの情報を整理できていますか。マクロな視点でのニュースの読解力の身に着け方、そして実際の面接での活用の仕方を見ていきましょう。


なぜニュースのことを聞くのか?


①情報感度の高さを見極めるため

情報が身の回りにあふれる今日の情報化社会では情報リテラシー「情報を適切に理解・解釈・分析し、改めて記述・表現する能力」の重要性がより高まっています。仕事にまつわる情報を収集し業務に役立てることは会社に入り働く際にも大切になります。その能力を計る尺度として「ニュースに関する意見」を面接官はきくのです。


②学生の興味を知りたい

有象無象のニュースの中から何故就活生がそのニュースを選んだのか。そのニュースを選ぶ行為からあなたが何に興味を持っているのかを間接的に探っています。


③ものごとに対して自分の考えをもっているか確認

出来事としてのニュースはひとつですが、そのニュースの解釈は十人十色です。面接官は回答から就活生が自分で考える力を持っているのか見極めています。回答の「結論」からはあなたがニュースから何を解釈したのかを探っています。「何故」興味をもったのか、「要約」をどのように行うのか、更なる「考察」はあるのか。就活生の知的好奇心の高さを計る目的があります。


どんなニュースを選ぶべきか?


なるべく最新のもの

「最近」気になるニュースということで、できる限り最新のニュースを紹介できると好ましいです。ニュースにもトレンドがあり紙面上のメイン記事は2~3ヶ月の単位で入れ替わることから、おおよそ半年を目安に紹介できるネタを用意できるとよいです。それ以上過去のものとなると情報は生ものと同じく新鮮度が重要なので、自身の情報収集能力の無さを面接官に晒すことになるでしょう。


話題性のあるものは無難!ただし…

消費税増税、キャッシュレス決済といった話題性のある経済トピックは無難です。一方話題性があるということは、他の志望者との差別化が難しく、また面接官もある程度の知識を持っていることが推測されます。そのため話題性のあるトピックを扱う際はより希望業界に一歩踏み込んだ解釈・考察が行えると好印象です。


業界関連のニュースは難易度高め

業界関連のニュースをひとつ取り上げて説明することはリスキーです。というのも面接官は業界への造詣が深いため、一端の就活生が考察を述べても太刀打ちできないからです。そこでおすすめなのが、そのニュースの位置づけを複数のニュースと結びつけ、ストーリーづけて説明することです。


※エンタメ・スポーツ・宗教・政治の話題はNGですよ!


読みやすいニュースサービス一覧


ダイアモンドオンライン

ビジネス週刊誌『週刊ダイヤモンド』、『嫌われる勇気』といった自己啓発本を出版しているダイヤモンド社が運営しているニュースサービスです。無料で読める記事の数が多いです。


ダイアモンドオンラインのURLはこちら:https://diamond.jp/

東洋経済オンライン

経済誌よりの記述が多いです。各記事にコメント欄があり、記事の注目度の指標として使えます。コメントの質は担保されていませんが、新たなリアクションが得られることもあります。


東洋経済オンラインのURLはこちら:https://toyokeizai.net/

NewsPicks

ニュースを身近に感じることができるのが「NewsPicks」です。Facebook、Twitterのアカウントからフォローすることができます。ニュース慣れしていない人もSNSのひとときにふと確認することができる、身近なニュースサービスです。


NewsPicksのURLはこちら:https://newspicks.com/

Googleアラート

Googleが提供している機能のひとつです。この機能自体にニュースサービスの機能はありません。設定したキーワードについて最新の情報を収集し通知してくれるので、自身の関心のある業界のキーワードを設定し、情報収集ツールとして活用してはいかがでしょうか。


Googleアラートの設定方法はこちら:https://www.google.co.jp/alerts

日本経済新聞

情報を網羅している媒体の代名詞「新聞」ですが、読みなれていない人には灰色の再生紙にしか見えないでしょう。月約5000円という値段も大きな壁として立ちはだかります。攻略が難しいぶん、味方につけられれば心強いです。そんな新聞を心強い味方として迎え入れる手ほどきを3stepで説明します。


ステップ① コラム枠を読む:紙面情報より話の展開にストーリーがあります。

いざ新聞を読むとなると紙面の情報の多さからページを繰る手が止まりがちに。そこでまずはじめはコラムの枠を読み始めてはいかがでしょうか。


「やさしい経済学」:マーケット理論を学びたい方へ

経済理論のひとつを取り上げて7~10日間具体例をあげて解説してくれます。ニュースの解釈の補助となる理論を学ぶことができます。より興味がわくようならば「経済教室」のページも読むと良いです。


「大機小機」:金融業界向け

マーケット総合面の左上にあるコラムです。金融に精通している複数名が匿名でコラムを書いています。後述「春秋」よりも経済色が強めのコラムです。


「春秋」:ニュースを多角的に見るために

コラム担当者の時事問題に対する意見・主張が纏められています。自身の理論の補強にどうぞ。


ステップ② 見出しを一通り見よう

コラム読みに慣れてきたら、細かい本文を読み始めるまえに大きく太く書かれた見出しにざっと目を通します。二週間ほど継続するとだんだんとトレンドになっているニュースが見えてくるはずです。


ステップ③ 気になる記事を読もう

自身が興味を持っている業界の見出しがちらほらと目に止まってくるようになります。そのような状況になったら本腰を入れて読み進めていきましょう。コラムから派生しそうな記事について読み進めると、より理解が深まりニュースに対する回答の精度も高まります。


ここでは一例として著者の慣れ親しんだ「日本経済新聞」について取り上げましたが、他のニュースサービス「ダイアモンドオンライン」「東洋経済オンライン」「NewsPicks」などを使うにしても継続して情報に接することが大事です。


面接で「関心のあるニュース」を答えるときの具体例


具体例

①結論→②なぜ興味をもったか→③ニュース要約→④考察と展望の4stepで答えましょう。


①出版業界が低迷している中、入場料をとるスタイルの書店「文喫」がにぎわっているというニュースです。


②本屋の本の配置に興味があり、日々配置を眺めています。しかしどの書店も陳列方法が似ていて差別化が図られておらず、ネット販売によって本屋がつぶれるのは必至であると考えていました。もっと書店店員の意図が散りばめられた書店はないかと探していたところ、目につく記事だったため興味を持ちました。


③本屋の存在価値を再定義し「しらなかった知識との偶然の出会いの場」の提供に努め、そのためのサービス提供の対価として入場料1500円をいただく。安い値段ではないがお洒落な空間でゆったりと長時間本を読める。店内にはカフェがあり、コーヒーを無料で何杯ものむことができる。本好きのための空間提供に努めた結果、本の購入割合は4割で通常の書店の3倍も売り上げているそうです。


④「本屋は本を並べて売っていればいい。」常識だと考えられている風潮に批判的に立ち向かい、挑戦し成功する。サービスの根本を見直し、時代のニーズに適したサービス提供を行う。今後のマーケティング方針の指標となる具体例になるのではないかと、ニュースを見て考えました。


まとめ


「最近気になるニュースについて教えてください。」その意図は、就活生の興味・関心、情報感度の良し悪しを探るためのものでした。質問が対策されるにつれ、より高度な解釈・考察が重要となり、それを補助するツールとして新聞の読み方・ニュースへの触れ合い方を紹介しました。


「結論→何故興味をもったか→要約→ニュースの背景・理論を踏まえた考察」の流れで回答することができれば業界への深い理解をアピールすることができます。その結果良い印象を面接官に残せるでしょう。回答のお供として是非参考にしてください。


チーム

JobSpring Online編集部

後悔のない就活を応援するメディア「JobSpring Online」のメディア編集チーム。

構成メンバー: コンサルタント、人材業界マーケター、学生ライター、etc.

TOPIC

新着記事
TOPへ