「挫折経験ない!」面接で困っている人必見の上手な答え方

CONTENTS

挫折した経験で見ているポイント

高い目標に挑戦した経験があるか

挫折から学び、次に活かす姿勢があるか

前提:何を「挫折」と呼ぶかは人それぞれ

挫折経験がない人のための答え方

①外的要因から探す

②内的要因から考える

③いわゆる挫折ではない経験で対応する

挫折した経験の具体的な答え方のポイント

まとめ

皆さんには挫折経験があるでしょうか。日常生活の中で、自分が失敗した・大変だったエピソードを詳しく語る機会は少ないと思います。しかし、就活において挫折経験は頻繁に聞かれる質問です。自分の答えをあらかじめ決めておけば、突然聞かれても焦らずに済むでしょう。


今回は挫折経験を聞く面接官の意図をふまえ、皆さんがどう回答したら良いのか、思いつかない場合の対処法をご紹介していきます。


挫折した経験で見ているポイント


高い目標に挑戦した経験があるか

社会人になれば、仕事で高いハードルに挑むことが求められます。「達成できないかも」と思うような高い目標に対しても、果敢に挑戦し、試行錯誤して最後までやり遂げることが大事です。結果として上手くいかず、挫折を経験したとしても、それはその人の成長につながります。


つまり学生のうちから「挫折した=高い目標に挑んだ」というエピソードを話すことで、面接官に入社後の働きぶりをアピールすることが出来るのです。


挫折から学び、次に活かす姿勢があるか

さらに、挫折して落ち込んで終わりではなく、改善点を分析して解決できる人は貴重な人材です。エピソードを話す際は挫折したところで終えずに「①なぜ失敗したのか、②どう行動を改めたか、③結果どのように変わったか」まで話せれば、高評価につながるでしょう。


前提:何を「挫折」と呼ぶかは人それぞれ


  • ・自分の設定した目標を達成できなかった
  • ・周囲からの評価を得られなかった

など何を「挫折」とするかは、当時の状況や、一人ひとりの性格で違います。ストレス耐性がないと挫折を感じやすい、ということはありません。誰にでも挫折の可能性はあるのです。


もし皆さんの経験のなかで、ある出来事が原因で落ち込んだり、ショックを受けたことがあれば、それは「挫折」と言えます。また、現在進行形で「あぁいま挫折を味わっている」と分かることもありますし、後から思い返してそういえば挫折だったと感じることもあります。


ただ「直面した困難とそれを乗り越えた経験」は「挫折」とは少しニュアンスが異なるためしばしば区別されます。乗り越えた経験は立派であるものの、それは挫折が持つ「自分ではどうすることもできない状況」という意味からはずれてしまうからです。


関連記事:『学生時代に頑張ったことで成果がないのはOK?エントリーシート・面接突破術』


挫折経験がない人のための答え方


就活で頻繁に聞かれる挫折経験ですが、実感がない人にとっては難しい質問のようです。もしかすると、本当は経験しているけれど認識が薄いだけかもしれませんから、今回は挫折経験を思い出す方法もご紹介します。


①外的要因から探す

人間関係や周囲の環境の変化でストレスを強いられた、苦しい思いをしたことも挫折経験と言えます。その状況を変えようと何か行動したとすれば、それが成長につながり、挫折の克服になったと考えることができます。


例)

「高校で転校しクラスになじめなかった」のは転校という外的要因が元で本人には何の落ち度もありません。その逆境の中で、「合唱祭委員になって一人ひとりと話すようになった、結果として人間関係を築く上では1対1のコミュニケーションが大切だと気が付いた」という行動は挫折の克服であり、成長です。


②内的要因から考える

受験や大会など自分が決めた目標に向かって頑張った、けれど失敗したときは「もっとこうするべきだった」という思いが生まれるはずです。そこで落ち込んで終わらずに、改善点を見直して再挑戦することで挫折を克服することができます。


例)

「高校受験で第一志望に落ち、失敗理由は勉強が主体的でなかったからだと分析。大学受験では塾に通うだけでなく勉強計画を手帳方式で立てながら取り組み、第一志望合格を勝ち取った」という場合は、自分の失敗を省みて成長した良い挫折経験と言えます。


③いわゆる挫折ではない経験で対応する

どう考えても「挫折」と言える経験はないと思う人も中にはいるでしょう。そのような人は失敗→学ぶという流れが日常的で、落ち込みにくいという特徴があります。


面接官は挫折経験を聞くことで「挑戦する力があるか、失敗を改善できるか」を見ています。そのため「挫折」と呼べるほどの経験がなくとも、挑戦心や改善能力を発揮したエピソードを話すことで納得してもらえるでしょう。


いずれの探し方もモチベーショングラフをもとに整理すると自己分析を効率よく行うことができます。もしまだモチベーショングラフを作成したことがない方は以下の記事も是非参考にしてみてください!


関連記事:『【就活の自己分析】モチベーショングラフの書き方と使い方』


挫折した経験の具体的な答え方のポイント


<具体例>

Q「挫折した経験があれば教えてください」


A「私は高校受験で思うような結果が出せず挫折を味わいました。当時は頑張ったのに結果が出ないことに落ち込みましたが、のちに冷静になると勉強が主体的でなく自分に合っていなかったと気が付きました。そこで大学受験では、塾に通いつつも、自分で勉強計画を作成して「いま何が必要か」を常に考えるようにしました。そして第一志望への合格を勝ち取ることができました。この挫折経験で、自分の行動に対して管理を人任せにせず、自分で強い目的意識を持つことの重要性を学びました。」


<話す順番>

  • ①質問の答え(いつ、なにが挫折経験だったのか)
  • ②状況説明(簡潔に述べ、後から面接官に聞かれたら詳しく説明)
  • ③何を学んだのか、教訓

まとめ


挫折経験に関する質問は就活では頻出です。しかし日常的に人と話すトピックではないので、事前に話す内容を決めておくと安心です。そうすれば、面接官から突然話をふられても慌てずに答えられます。


また、この質問で面接官が見ているのは、あなたが高い挑戦心を持っているか、失敗から改善策を見つけ出せるかです。エピソードを用意するときは、この2点を意識して考えることをおすすめします。


そして、挫折経験が思いつかない、となっても焦る必要はありません。一人ひとり挫折の捉え方は違います。自分の今までの経験を振り返って「ショックを受けた出来事」「失敗から学んだ経験」を探してみてください。


探し方としては、自己分析と同じように過去の自分を順番に思いだしていく方法が良いです。もし一人では難しかったら就活エージェントなど就活のプロの手を借りることもできます。


例えば私たちJobSpringでは、自己分析のお手伝いだけでなく、面接対策も行っています。そのため自己分析で発見したアピールポイントを、どのように面接で伝えれば効果的かも一緒に考えることが出来るのです。挫折経験に限らず、もし何か困っていることがあれば、いつでも無料面談にいらしてくださいね。


井上 雄大

営業統括部マーケティング事業所属。JobSpring Online 運営担当 

TOPIC

新着記事
TOPへ