【就活対策】「大切にしている信念は何ですか?」の質問意図と回答方法

CONTENTS

前提:信念ってなに?

面接やESで信念を質問する意図

あなたがどんな人間か知るため

社風や人間関係の相性を見極めるため

信念の選び方で気を付けておくこと

①自分を偽らない

②働くことへの結び付けを意識する

③排他的な内容にならないよう気を付ける

「信念」の見つけ方

具体例でみる、面接での伝え方のポイント

まとめ

面接で「あなたの信念を教えてください」と聞かれて困った経験はありませんか。


信念ってなんだか重たい言葉に感じますし、日常生活で考えることが少ないトピックなので、戸惑っても無理はありません。しかし、就活において「信念」はよく聞かれる質問なのです。そして事前に対策さえすれば、非常に答えやすい質問でもあります。


前提:信念ってなに?


信念とは、みなさんが生活するうえで大切にしている考え方・価値観のことです。日常的に心掛けていることでも、大切な決断をする際に意識することでも、どちらでもかまいません。その考え・価値観が自分にとって重要なものであれば、それは信念と言えますし、ひとりで複数の信念を持つこともあります。


面接やESで信念を質問する意図


あなたがどんな人間か知るため

信念は、人間性の中心にある核のようなものです。面接時間は少ないため、面接官は信念を聞くことで短時間であなたの人物像を理解しようとします。


社風や人間関係の相性を見極めるため

あなたの信念が社風に合うかも重要なチェックポイントです。企業の求める人材とかけ離れていれば、入社してもお互いにとって良くありません。信念を聞くのには、そのようなミスマッチを防ぐ意図もあります。


これだけは押さえる!就活面接でよく聞かれる質問とコツ【厳選20問】


信念の選び方で気を付けておくこと


①自分を偽らない

評価されたいと思うあまりに、自分を偽ることはおすすめしません。面接官は人を見るプロなのでウソは見抜かれます。それに万が一ウソをついて内定を得たとしても、入社後ずっと偽りの信念を守らなければいけなくなります。


②働くことへの結び付けを意識する

自分の信念を仕事に活かす方法を面接前に考えてみると良いです。上記のように面接官は企業との相性も気にしていますから、信念を答えるとともに、それが仕事でどう役立つかも述べれば強力なアピールになります。


③排他的な内容にならないよう気を付ける

信念にはさまざまな種類があります。例えば、宗教上の信念を大切にするのは個人の意志で、企業がとやかく言う資格はありません。しかし、他の価値観を持つ人と協力出来ないと判断された場合は面接通過が難しくなる可能性があります。そのため「自分はこう思う。でも色んな考えの人がいるから相手も尊重する」という姿勢を持つことが重要です。


「信念」の見つけ方


①自己分析を行う 


【就活の自己分析】モチベーショングラフの書き方と使い方


②その中から「判断に迷った経験」「大きな変化があった経験」「価値観が変わった経験」をピックアップする

(進学、リーダー経験、人間関係のトラブルなど)


【頻出質問】リーダーシップを発揮した経験を自分の過去から見出す方法


③その経験のなかで、自分がどんな考え方・価値観で判断していたかを思い出す


④総合的に「自分の信念」を見つけ出す


このように、いくつかの段階に分けて徐々に絞っていく方法が簡単だと思います。信念は割と抽象的な場合が多いので、いくつかの経験から「自分は〇〇だ」という大まかな価値観を見つけ出すと良いでしょう。


もちろん、すでに自分の信念がはっきりしている人はこの作業は必要ありませんから、次の段階である「面接でどう伝えるか」を考えましょう。


具体例でみる、面接での伝え方のポイント


<具体例>

「私の信念は、問題が起きたときに片方の意見を聞いて判断しないことです。人は誰しも主観的に物事をとらえるため、関係者全員の話を聞かなければ問題の全容が見えないと思います。大学の部活で副部長を務め、トラブルの仲裁に入ることが多かったため気が付きました。実際に練習方法で後輩がケンカしたときは、両者の話を聞くことで問題の本質が練習方法自体ではなく、伝え方にあることが分かり、解決に繋がりました。このように、関係者の話を聞くことは組織のトラブル改善のために必要不可欠だと考えています。」


  • ①最初に信念を述べる
  • ②なぜ大切だと思うのか理由を述べる
  • ③関連するエピソードを説明する
  • ④最後にもう一度信念を伝える

まとめ


「信念」は就活でよく聞かれる質問です。その意図としては、「就活生の人柄を知る」「企業との相性を確認する」の2点が挙げられます。そのため、みなさんが自分の信念を考える際は①自分を偽らない、②仕事に活かせる内容、③排他的にならない、ように注意してみてください。


自分にとって大切な考え方や価値観であれば信念と言えますから、気負わずに気楽に考えて大丈夫です。自己分析をするときに一緒に考えることをおすすめします。


また、「この信念はアピールになるか不安」「エピソードの話し方が分からない」などの不安があれば、面接前の練習もかねて就活エージェントの面談に参加しても良いでしょう。


私たちJobSpringでは自己分析のお手伝いをしているため、もちろん皆さんの信念を見つけるサポートもできます。さらに面接練習やアドバイスもおこなっているため、不安なことがあればいつでも無料面談を利用してみてください。


編集者

JobSpring Online編集部

後悔のない就活を応援するメディア「JobSpring Online」のメディア編集チーム。

構成メンバー: コンサルタント、人材業界マーケター、学生ライター、etc.

TOPIC

新着記事
TOPへ