【就活の自己分析】モチベーショングラフの書き方と使い方

CONTENTS

モチベーショングラフとは?

特徴

どんなときに便利?

テンプレート

モチベーショングラフの書き方

STEP①:シートを作る

STEP②:今までのメインイベントを位置付ける

STEP③:各イベントを曲線で結んでいく

STEP④:各イベントのモチベーション要因を考える

STEP⑤:ターニングポイントに注目する

モチベーショングラフを総合的に応用する

長所・短所

就活軸につかう

キャリアプランにつかう

まとめ

皆さんは「モチベーショングラフ」というものをご存知ですか?自己分析の一環として紹介されることが多いですが、作成には時間もかかりますし、忙しいのにやってられないと思う人もいるかもしれません。しかし、企業選びに難航していたり、面接で性格を聞かれて困っているという就活生はぜひトライしていただきたいです。


これ一つで自分の長所や短所、価値観などが分かるため効率的でもあります。


記事の中で作り方を紹介しているため、ぜひ参考にしてみてください。


モチベーショングラフとは?


特徴

今までの人生で自分に大きな影響を与えた出来事をふりかえることで、自分の価値観や判断基準、強みや弱みを見つけ出すことができるのです。そのために自分の気持ちに正直にグラフを作る必要があります。


どんなときに便利?

  • ・普段意外と気が付かない「自分のこと」を知ることで、企業や業界選びに役立つ
  • ・面接で「小さいときどんな子どもでしたか」「長所はなんですか」という質問に対応しやすくなる

テンプレート


「モチベーショングラフのシートを作るのが面倒」という方のために、ご用意しました!シンプルな作りではあるものの、気づきにくい自分のことや小さいころからの特性を知るには十分役立つものになっています。下記のリンクからダウンロードできます


テンプレート:『すぐに使えるモチベーショングラフ』

モチベーショングラフの書き方


STEP①:シートを作る

上にあるようなベースとなるシートを用意します。細かく出来事を書き込むため、PCより紙とペンを使うことをおすすめします。


STEP②:今までのメインイベントを位置付ける

転校やスポーツチームへの加入、受験勉強など「環境的」や「精神的」に影響のあった出来事を書き出し、そのときのモチベーションを+10から-10まで点で表します。


STEP③:各イベントを曲線で結んでいく

大学時代まで書き出せたら点を線で結びます。そうすることで自分の心が可視化できる状態になります。


STEP④:各イベントのモチベーション要因を考える

ここからが分析の開始です。「なぜこのときモチベーションが高かった/低かったのか」を出来事ごとに考えましょう。

  • 外的要因環境や周囲の人からの影響など外部からもたらされること
  • 内的要因精神面や身体面など自分の中で起きていること

例 テニス部からバレーボール部に転部 モチベーション↑
  なぜ気持ちが変化したのか:メンバーと仲良くなってやる気がアップ


  →なぜ?:チームスポーツで一緒に朝練をし、過ごした時間が長くなったから
  →仲間と協力するほうがやる気も上がり、成果が出る
  →職場もチームワークを求められる環境が良いかも


STEP⑤:ターニングポイントに注目する

  • ・グラフの「山」部分同士の共通点
  • ・グラフの「谷」部分同士の共通点
  • ・「山」と「谷」の違い、変化のタイミング

に注目して、「どんなときに力が発揮/テンションが上がるのか」を発見しましょう。特に+から-になった瞬間、-から+になった瞬間の環境や感情を思い出すことが助けになります


モチベーショングラフを総合的に応用する


細かく分析した自分の特性をおおまかにまとめることで就活の面接でも話しやすくなり、企業選びにも役立ちます。

長所・短所

モチベーショングラフを使うことで自分の得意分野や、テンションが下がる原因を知ることができます。


関連記事:『自己分析で「長所がない」と思ったときの簡単な見つけ方』


就活軸につかう

競争できる環境とチームワーク重視の環境どちらが好みかなど、自分の価値観を就活軸に活かしましょう。


関連記事:『就活軸の決め方はどうすればいい?様々な軸について具体的に解説』


キャリアプランにつかう

自分の価値観や判断基準、プライオリティを知ることで、理想の働き方や将来のビジョンを見極めやすくなります。過去にモチベーションを上げた要素は、将来的にもモチベーションが上げる可能性があるからです。


例えば、「塾で成績を競ったときはモチベーションが下がったが、大学のコンペティションでグループワークをしたときはモチベーションが上がった。」という過去がある場合、「実力主義の企業で営業力を競う」よりも「チームワークがカギとなるベンチャーで一つの目標を目指す」という企業選びをした方がモチベーションが上がる可能性が高いということになります。


関連記事:『【面接でも使える!】就活におけるキャリアプランの考え方』


まとめ


モチベーショングラフは自己分析の一部として行われることが多く、面接対策になるだけでなく、自分にあった企業選びの大きな助けになります


しかし、実際に就活生が行っているなかで、やり方が不十分であったり、本音が引き出せていないケースがよく見られます。自分のネガティブな過去も正直に向き合わなくてはいけないため、考えているよりも難しいのです。


もし一度チャレンジして上手くいかないと思ったら、先輩の作ったものを参考にしてみたり、親しい友人に手伝ってもらっても良いかもしれません。この際に気を付けるべきなのは、あくまであなた自身の主観をもとに正直にグラフを作ることです。


また、私たちJobSpringのような就活エージェントを利用するという手もあります。自己分析のサポートや、その結果をもとにした企業選びのサポートもしているため「自分のことがわからない」「モチベーショングラフ」が作れないという就活生はぜひ一度無料面談にいらしてくださいね。


編集者

JobSpring Online編集部

後悔のない就活を応援するメディア「JobSpring Online」のメディア編集チーム。

構成メンバー: コンサルタント、人材業界マーケター、学生ライター、etc.

TOPIC

新着記事
TOPへ