【ES・面接でも有効!】就活におけるキャリアプランの考え方と回答例

CONTENTS

そもそもキャリアプランニングって?

「プラン」と「ビジョン」の関係性

本格的なキャリアプランは働き始めてからでもOK

①ファーストキャリアは大切

②考える練習が大切

キャリアプランの質問で見られているポイント

理想に対して具体的な計画を立てているか

立てた計画が自社とマッチしているか

新卒に必要なキャリアプランの要素

①実現可能な具体性

②熱意やポテンシャル

③志望企業との親和性

キャリアプランの考え方~3ステップ~

①過去・現在の自分を顧みる

②過去の経験や現在の状態から実現したい未来を構想する

③未来の逆算から現在取り組むべきことを決定する

キャリアプランが思いつかない場合のおすすめ方法

キャリアプランの回答例と答え方のポイント

まとめ

就職活動で「会社に入ったらどんなことをしたいですか?」「どんな社会人になりたいですか」と聞かれることがあります。この質問意図は、みなさんがどのようなキャリアプランを持っているのか知りたいという点にあります。


でも働いたことがないのに、キャリアプランを考えるのは難しいですよね…。今回はそんな皆さんに向けて、キャリアプランとは何か、どのように考えるべきかについて具体例を交えて話していきます。


そもそもキャリアプランニングって?


そもそもキャリアプランニングとは「将来の自分について考えること」であり、キャリアプランとは達成したい目標や夢など「未来予想図」と思うと分かりやすいでしょう。


「プラン」と「ビジョン」の関係性

ビジョンとは「目標、夢、ゴール」などたどり着くべき状態や到達したいイメージを指します。例えば起業する、海外赴任する、など今は手が届かないけれどいつか達成したいことを掲げることが多いです。またビジョンは人生における価値観や働き方の方向性に大きく左右されます。


一方プランはそのビジョンを現実のものとするための「計画、手段」を指します。例えば海外赴任が達成したいビジョンの場合は、会社での営業成績を上げる、TOEICで800点以上とるなどが具体的なプランになってきます。特に自分のビジョンを実現しようとする人は何をするにも期限を設けることが多いです。


しかし、仕事をしたことがない学生にとっては具体的なプランを立てることが困難となります。そのため就職活動におけるキャリアプランは「ビジョン」に近いともいわれます。またビジョンに関する質問は、キャリアプランの他にも「5年後、10年後の将来像は?」というものもあるので、合わせてチェックしておくと対策しやすいです。


就活で「5年後10年後の将来像」を聞かれたら|具体例とともに解説


本格的なキャリアプランは働き始めてからでもOK


先ほども説明したとおり、学生にとって本格的なキャリアプランを立てることは難しいということになります。働いて初めて見えてくることもあり、就活中に考えたキャリアプランは徐々に変わっていくことが多いです。さらには、長く働いている人でもキャリアプランは変わっていくのが当たり前です。


じゃあなぜそれでも就活中からキャリアプランを考える必要があるの?と思われるでしょう。それは①ファーストキャリアは大切だから、②考える練習をすることが大切だからです。


①ファーストキャリアは大切

転職が一般的になってきたとはいえ、ファーストキャリアが重要であることに変わりはありません。なぜならば、新人として一から手厚い教育を受けられるのは新卒入社した場合だけだからです。そこで得た基礎的な知識や仕事への姿勢は転職後も大きく影響します。


つまり貴重な学習機会を逃さないために自分に合った企業に入社することが重要ですし、そのためにはキャリアプランに沿って企業選びをする必要があるのです。


就活でのファーストキャリアの考え方。意味や重要性について徹底解説!


②考える練習が大切

学生のうちは先生やカリキュラムが進むべき道に導いてくれました。しかし社会人になれば自分で目標を見つけ、自分で達成する手段を探す必要があります。就活生であってもキャリアプランを持つことは考える練習になるためおすすめです。


キャリアプランの質問で見られているポイント



上記のように社会人は自分で目標を立てて行動する必要があります。そのため面接官は応募者が社会人としてしての素質を備えているか判断したいのです。ここでは面接官がキャリアプランを聞く意図を解説します。


理想に対して具体的な計画を立てているか

「30歳までに起業する」「20代後半で年収1000万」、など理想は立派ですが具体的な手段を考えていない人が多いです。本気で何かを実現したいと考えているのであれば、その理想を達成するためにはどのような努力が必要なのかを考えましょう。


例えば、「30歳までに起業する」のであれば、新卒入社してから約7,8年の期間があります。その間にまずは①個人目標を達成できる力をつける、②チームをマネジメントする能力、具体的には他人が個人目標を達成できる力をつける、③どんな分野で起業するのか目途をつけ、④その市場について情報を集める、⑤経営者目線を養うために経営者と関わる環境をつくる、などをいつまでに行うかを計画する必要があるでしょう。


もちろん就活生は分からないことが多いので、自分の理想と近い目標を達成した先輩から話を聞いて参考にするなど、出来る範囲で具体的に計画を立てることをおすすめします。


立てた計画が自社とマッチしているか

自分が考えたキャリアプランがその会社で実現可能なものか面接前に確認しましょう。目標を持っている社員は意欲的で長続きしやすいため企業側としても重宝します。しかし、いくら意欲的でも自社で達成しにくいキャリアプランだと「すぐに辞めそう」「うちと合わない」と思われて敬遠されかねません。


新卒に必要なキャリアプランの要素


面接やESで聞かれる可能性のある「キャリアプラン」について、どのようなポイントが見られているかは前述しました。では、実際にそれらを満たすために盛り込むべき要素は何なのかについて具体的に説明していきます。


新卒の就職活動において用意しておきたい要素は①実現可能な具体性、②熱意やポテンシャル、③志望企業との親和性の3つです。

①実現可能な具体性

まず一つ目は実現可能な具体性です。自分が将来ありたい姿などはざっくりとしたものになっていても大丈夫ですが、 実際にどのような仕事をするのかということは押さえておかなければなりません。ですが実現可能性だけを求めすぎて、2年後には簡単に達成できそうな話をするのはむしろ熱意が足りないとマイナス評価になる可能性があるので気をつけましょう。

②熱意やポテンシャル

熱意やポテンシャルも大切です。自分の目標に対してどうしてやりたいのか、 そう思うきっかけにどんなものがあったのかというエピソードを話せる人は強いです。同じ会社に入ると言っても仕事内容は様々です。その中で興味のある業務を 自分の経験やOB 訪問などで仕入れた情報から論理的に述べられると説得力が増すのでおすすめです。

③志望企業との親和性

またたくさんある企業の中でどうしてその企業が目標達成につながるのかを述べることも大切です。「自分がやりたいこと」という就活軸で考えた時に、それができる企業は必ずしも今受けているところだけではないかもしれません。どうしてこの会社に行きたいのかを述べることができると採用する面接官に意欲が伝わります。


キャリアプランの考え方~3ステップ~


①過去・現在の自分を顧みる

一般的に過去から現在のベクトル上に未来があります。だからこそ将来やりたいことのキャリアステップは過去や現在から繋がってくることが多いです。そのためまず最初に自分が過去にどんなことに熱中してきたのか、現在を振り返りましょう。


②過去の経験や現在の状態から実現したい未来を構想する

まずは過去の経験から実現したい未来を考えてみましょう。またそう考えるようになったきっかけも大切です。例えば「学生の頃お金で苦労した経験があり、家族のためにも不自由のない生活を送りたいと考えた」のであれば、実現したい未来は、「親孝行として贅沢な暮らしを早めに提供できている。そして親の喜ぶ姿を見る自分も充実した生活を送っている状態」と構想することができます。


また現在の状態からも実現したい未来を考えるヒントを得ることができます。あなたが普段生活をしていて「どこか物足りない」「もやもやしている」と感じる瞬間を見逃さないでください。それは潜在的な理想像と現状の自分に乖離があるからです。その違和感に気づければ、自ずと未来図が見えてきます。


③未来の逆算から現在取り組むべきことを決定する

一番難しいプロセスですが、現在取り組むべきことを決定しましょう。未来は随分先のことですが思い浮かべているだけでは実現することはできません。先に何をすべきなのかを考える力も未来の目標を達成する上で非常に大切なものです。


最初は業界研究や職種研究を足掛かりとして情報をとにかくインプットしていくことが重要です。そこから何が足りないのか、何を活かすべきか、また何を得たいのかを明確にしていくと計画が立てやすくなります。


また考えるだけでなく実際に行動にうつす力も高評価になるので考えておきましょう。



キャリアプランが思いつかない場合のおすすめ方法



働いた経験のない就活生がキャリアプランをなかなか思いつかなくても無理はありません。以下にいくつかおすすめの対処法を挙げておくので試してみてください。


先輩のキャリアをロールモデルにする

採用HPに先輩社員のキャリアを紹介している企業も多いですし、大学の先輩を参考にしても良いでしょう。自分の夢に近いキャリアを築いている先輩を見つけましょう。


誰かを目標にするという手段は「過去に何もしてきておらず、自分の未来を想像できない」と感じている人に非常に有効です。


抽象的な目標にする

必ずしも具体的な仕事内容や役職を目標にしなくても良いのです。例えば「グローバルに活躍できる人材になる」など抽象的な目標でも、二年目までにTOEIC800点をとるなどプランが具体的であれば面接で説得力があります。


他にも「将来的にやりたいことがない」「興味のある仕事がわからない」「自分にはこだわりがなくて困っている」といった悩みがある方は、以下の記事で詳しく書いているので是非一読ください!


こだわりがない、やりたいことが見つからなくても就活はできる!


キャリアプランの回答例と答え方のポイント



まずは具体的な例文を参考に、自分にはどのようなプランが立てられるか考えてみましょう。


【キャリアプラン(回答例)】

私は30歳までに海外赴任を経験したいと考えており、その後は日本で海外企業との取引を監督する部署で働きたいです。私は交換留学でイギリスに行ったことで各国の文化の違いに興味を持ち、社会人になってもビジネスの観点から様々な国の文化に触れたいと思いました。その夢を実現するために英語の勉強に取り組んでおり、今年中にTOEIC800点を達成することが今の目標です。また入社後は海外での仕事の幅を増やすために資格取得にもチャレンジしたいと考えています。


【答え方のポイント解説】

この例では、まず最初の「30歳までに海外赴任、日本と海外の取引を監督する部門」と明確なゴールを伝えていることが良いポイントです。面接官からすれば、プランを説明される前に前提となる情報が共有されていると想像しやすくなります。


次になぜその目標に至ったのかという動機を述べている点は評価されます。キャリアプランを説明する際はゴールとプランのみに対策している人が多いですが、そのあとに「どうしてそのゴールなの?」という質問が待っているためあらかじめ理由を簡潔に伝えておく方法は有効でしょう。


さらに、例文で説明されているプロセスには「現在頑張っていること=英語の勉強」「明確な短期目標=今年中にTOEIC800点」を示していることにより実現可能性や熱意といった点もカバーされています。


改善点を上げるとすれば、プランの要となる段階的なプロセスが少ないところです。「入社後に資格取得」だけでなく、まずは国内における監督業務をこなせるようになること、そのために何が足りないのかを挙げることができればさらに良い回答をつくることができます。


まとめ


キャリアプランは「ビジョン」と「プラン」に分けて考えましょう。その際は実現可能で、志望企業にマッチしたものであることを意識してください。


とはいってもキャリアプランニングは自分の将来の地図を書くようなものなのでなかなか進まない人も多いと思います。でも自分の過去と現在に注目すれば糸口は見えてくるでしょう。どうしても思い浮かばないときは先輩のものを参考にしたり、抽象的なところから考えていけば大丈夫です!


またJobSpringでは、キャリアプランを考えるサポートや、適性を見極めたうえでの企業紹介を行っています。メリットとしては心細くなりがちな就活準備を一人で行う必要がないこと、就活のプロがサポートすることで効率的に作業できることが挙げられます。もし困ったことがあればいつでも無料面談でお待ちしています!


編集者

JobSpring Online編集部

後悔のない就活を応援するメディア「JobSpring Online」のメディア編集チーム。

構成メンバー: コンサルタント、人材業界マーケター、学生ライター、etc.

TOPIC

新着記事
TOPへ