【就活】自分の長所・短所はどう伝える?言い換えのコツ・具体例つき

CONTENTS

長所・短所では何を見ているのか?

①応募者の基礎的な性格

②自分を客観視できているか

③応募者の特徴と職種の適性

長所を考えるときのポイント

①とくに自信のあるものを選ぶ

②具体的なエピソードを思い浮かべる

③仕事で活かせるかをチェック

短所を考えるときのポイント

①致命的な短所は避ける

②自分の癖から考える

③受け取り方によって長所にもなるものを選ぶ

長所・短所の言い換え具体例

長所 具体例

長所を話すときのポイント

短所 具体例

短所を話すときのポイント

まとめ

就活で面接を受けていく中で「長所・短所を教えてください」と聞かれることがありますよね。一回しっかり自己分析をして話すことを決めてしまえば難しい質問ではありません。しかし言い方ひとつでも印象が変わってしまうという意味では、注意深く伝え方を考える必要があります。


さらに、企業の求める人物像に合わせてアピール方法を変えたり、コツもたくさんあります。


今回は、基本的な長所・短所の選び方や、選考でアピールするためのコツをお伝えします!是非参考にしてみてください。


長所・短所では何を見ているのか?


①応募者の基礎的な性格

面接官は皆さんと初対面ですから、短い時間で出来るだけたくさんの情報を得ようとします。長所や短所は皆さんの本質的な人間性が良く分かる質問なのです。


②自分を客観視できているか

皆さんが自分のことを分かっているかを見られています。仕事でも、定期的に自分の仕事ぶりを省みることが必要とされ、それが出来る人か面接官は気にします。


③応募者の特徴と職種の適性

職種や業界ごとに向いている性格や、求められる能力は異なります。皆さんがその特徴を備えているかを、長所・短所の質問を通して見ています。


長所を考えるときのポイント


①とくに自信のあるものを選ぶ

長所が複数ある人もいるでしょうが、その中でも特に光るものを話すことが大切です。長所は面接官への大きなアピールポイントになります。


②具体的なエピソードを思い浮かべる

いくら素晴らしい長所を持っていても、面接官に説得力を持って伝えなければ意味がありません。いつ、どんなタイミングでその長所を発揮したか説明しましょう。


③仕事で活かせるかをチェック

面接を受ける企業で必要とされていそうな長所を話すのも作戦です。社員の雰囲気を確認したり、パンフレットの人材育成の項目を読んでアピールポイントを決めても良いでしょう。


関連記事:『自己分析で「長所がない」と思ったときの簡単な見つけ方』


短所を考えるときのポイント


①致命的な短所は避ける

「人とまったく話せない」など仕事に支障をきたす短所を話すことはおすすめできません。また、人間は必ず短所を持っているので「短所はありません」と答えるのもやめましょう。虚栄心が強い、嘘つきという印象を与える恐れがあります。


②自分の癖から考える

自分がついついやってしまって家族や友人から、改善するように言われることは何かありませんか。特別なことでなくとも、日常的な行動から自分の短所を探すことができます。


③受け取り方によって長所にもなるものを選ぶ

例えば「夢中になると周りが見えなくなる」という短所は「熱意を持って取り組む」という長所にもなりますし、冷静になる努力をすることで改善できます。


このように捉え方によっては長所になる、改善可能な短所を選ぶことがコツです。


長所・短所の言い換え具体例


長所 具体例

受ける企業が行動力重視だけど、自分は慎重に必ず成し遂げるタイプのとき


私の長所は物事に慎重に取り組み、ゴールまで導くことです。何かをするときには思い切って行動するだけでなく、結果がついてくるか確認しながら進めることも重要です。部活で学祭に出店した際、勢いでプランを考える人が多かったのですが、私が計算や下調べをしてサポートしたことで、良い勢いを無駄にしないまま成功を収めることができました。仕事でもこの能力を活かしたいと考えています。


長所を話すときのポイント

  • ・結論⇒エピソード(⇒活用・改善)の順で伝える
  • ・自分の長所を、その企業で活かすことを意識する
  • ・簡潔にエピソードを述べる(面接官からあとで詳しく聞かれることも)

短所 具体例

私は話し合いの場で発言することに苦手意識があります。大勢の人に注目されながら自分の意見をまとめることにプレッシャーを感じていました。ですが大学のゼミで事前に予習して意見をまとめてくるスタイルを経験したときに、スムーズに発言することができました。それ以降も事前準備を行うことで意見を言いやすくなっただけでなく、議論中に意見をまとめることにも慣れてきました。今もまだ少し苦手意識はあり、自分の短所ですが、努力で改善してきていると思います。


短所を話すときのポイント

  • ・正直に苦手なことを話す(ただし解決の余地があるもの)
  • ・どうして苦手なのかを話すと次の「改善点」につなげやすい
  • ・具体的な改善方法(今までやったこと、今後取り組むことどちらでも可能)
  • ・短所があることは当然、改善の意思があることを伝えればOK

まとめ


長所・短所は誰にでもあるものです。しかし面接のようなあらたまった場で聞かれると答え方も難しく感じるでしょう。面接前に一度自分の経験を振り返って、あらかじめ話す内容を用意しておくことをおすすめします。


また伝え方によってさらに効果的にアピールすることもできますから、慣れてきたらチャレンジしてみると良いでしょう。


もし緊張していたり、上手く伝えられるか不安がある場合は友人や就活エージェント相手に練習すると自信がつきます。私たちJobSpringでは面接練習だけでなく、自己分析を一緒に行って長所や短所を分析するサービスも行っています。困っていたらぜひ一度無料面談にいらしてくださいね!


チーム

JobSpring Online編集部

後悔のない就活を応援するメディア「JobSpring Online」のメディア編集チーム。

構成メンバー: コンサルタント、人材業界マーケター、学生ライター、etc.

TOPIC

新着記事
TOPへ