【新卒必見】おさえておくべき逆質問例と応用のコツ3選!

CONTENTS

逆質問ってなに?

逆質問を求める意図

その企業への興味・関心の度合を探るため

自発的なコミュニケーションが可能か判断するため

あなたの考えを知るため

ウケがいい逆質問例

ありきたりな質問にしないコツ

面接官の意見を伺う質問で個別感・特別感を出す

自分と企業を比較する質問をする

仮説をたてて思考力をアピールする

まとめ

皆さんは、逆質問の重要度ってどのくらいだと思いますか?


もしかしたら逆質問は面接のおまけ程度に考えているかもしれませんが、 実は合否を左右するほど面接官は注目していて、 準備するかどうかでライバルと差がつきやすいポイントなのです。 


今回はその逆質問について、質問例とともに、コツをお伝えします!


逆質問ってなに?


面接の最後に必ずと言っても良いほど「なにか聞きたいことはありますか」と問いかけられます。普段の面接では、「面接官→学生」で問いかけられますがそれが反対になるので「逆質問」と言われています。


ここでは学生が気になることを面接官に直接聞くことができます。


逆質問を求める意図


逆質問タイムでたまに「質問はありません」と答える人がいますが、それでは興味がないと言っているのと同じですのでやめましょう。


その企業への興味・関心の度合を探るため

恋愛でも好きな人のことは何でも知りたいと思いますよね。就活においても逆質問の内容を見て、企業側は「この人はウチが好きかな?持ち駒増やしのために受けたのかな?」ということを判断しています。


逆質問をどれだけ準備してくるかで志望度が分かるものです。その準備というのは単に質問数だけでなく、レベルの高い質問かどうかということも見られています。周りと差をつける質問をするためには下のコツもご覧ください。


自発的なコミュニケーションが可能か判断するため

逆質問ではその前の面接とは聞き手と受け手が逆転します。そのときの会話を通して、あなたが言葉のキャッチボールをすることができるか見られています。


会話能力は社会人として働く際に求められるため、どの企業でもこのポイントは重要になってきます。


あなたの考えを知るため

もっとも基本的なこととしては、あなたがどのようなことに関心を持っているのかを面接官は知りたいと思っています。例えば特定の部署に関する質問が多ければ、その学生の希望はよく分かりますよね。


それ以外にプライベートについての考え方や転職の意思の有無など、意外と多くの情報を面接官は掴んでいます。


ウケがいい逆質問例

「御社の社風は〇〇だと思いますが、実際に仕事中にその特徴を感じるのはどのようなときですか?」
「××業界でもIT化が進んでいますが、その流れをどう思っていらっしゃいますか」
「御社の△△プロジェクトには~~な効果があると私は考えていますが、ご意見を伺えないでしょうか」

ありきたりな質問にしないコツ


面接官の意見を伺う質問で個別感・特別感を出す

企業の最新プロジェクトや関連するニュースなど自分でトピックを決めます。そしてその内容について面接官に意見を聞いてみることで、その企業に興味があると印象づけることが可能です。


その際は、「そのトピックが気になった理由」「実際面接官の意見を伺ってどう感じたか」を述べるとただ面接官に喋らせただけにならなくておすすめです。


自分と企業を比較する質問をする

皆さんは面接前に自己分析をすると思いますが、それに絡めて質問することも可能です。


例えば「私はどちらかというと計画を綿密に立てて行動することが好きなのですが、御社の社員で同じような方はいらっしゃいますか?もしいらっしゃればどのように活躍なさっているか教えていただけると幸いです。」などと聞けば周りと被らない質問になります。


仮説をたてて思考力をアピールする

〇〇について私は~~という仮説を立てたのですが、御社はどのように考えていますか」というように質問すると論理的思考力や好奇心の旺盛さをアピールすることができます


業界やその企業について、自分の考えをアピールするのに有効です。


まとめ


逆質問は対策がおろそかにされがちですが、やり方次第では面接官を味方につけ、面接を通過する大きなチャンスになるのです。忙しい毎日の中でゆっくり時間を割くことは難しいかもしれませんが、面接に向かう電車の中でもできることはたくさんあります。


  • ・オリジナリティ
  • ・企業との相性
  • ・思考力や論理性

を意識して質問を考えましょう。


また、逆質問の作り方がわからない、きらりと光る質問を作り上げたいなど就活に関する「困った」があったときはぜひ私たちJobSpringに相談してください!私たちは多くの就活生を見ていますし、短い面接の中で最大限に皆さんらしさを伝えられるようサポートさせていただきます。いつでも面談にいらしてください!


TOPIC

新着記事