アウトプットがはかどる企業研究のやり方

CONTENTS

企業研究ってなにするの?

企業研究の概要

企業研究の目的と重要性

企業研究は調べてまとめるだけじゃない!

企業研究の手順

①テンプレートシートをつくる

②情報をまとめる

③他人に説明する

企業研究のポイント

①わからない用語や職種は芋づる式で調べていく

②重要箇所はハイライト・太字

③調べて出てこない情報こそ説明会や座談会で聞く

まとめ

就職活動でよく聞かれる質問の一つに「どうしてこの会社を志望されたのですか」という質問があります。 しかしなかなか明確な理由や人事の人が納得する理由を言うのは難しいですよね。志望動機を答える上で大切なものの一つが企業研究です。 自己分析や企業研究など就職活動ではやることはたくさんありますがすべては内定を勝ち取るというゴールの為に必要なことです。


この記事では内定を獲得するための企業研究のやり方を解説していきます。


企業研究ってなにするの?


企業研究の概要

そもそも企業研究とは何をすることなのでしょうか。 まず第一歩としては自分の興味がある企業が何の業界に所属しているのか。またその業界の中でどのような立ち位置でビジネスを行っているのかを知ることです。 OB訪問などを通じて実際の働き方について聞くことも企業研究の一つです。このようにして、企業についての理解を深めていくことが一般的に企業研究と呼ばれています。


企業研究の目的と重要性

ではなぜ企業研究を就職活動をする上で行うのでしょうか。大きく分けて目的は二つあります。


一つ目は選考突破の鍵になるということです。 現在は就職状況としては学生が足りていないので企業側としては採用難になっている会社も少なくありません。 そういった会社にとってはどうして自分の会社を受けに来てくれるのかといったことを知りたいのです。 そういった理由を丁寧に説明できるためにも企業研究は必要なのです。


また二つ目の理由はミスマッチを防止するためです。働く上では誰しもが自分の志向性というものを持っています。「福利厚生がいい企業がいい」、「実力主義でどんどん働ける環境が良い」、「音楽に携わりたい」、などそれぞれがそれぞれの嗜好性を持っています。その中で自分の志向性と企業がマッチしているかどうかは企業分析をすることで明らかにすることができます。


企業研究は調べてまとめるだけじゃない!


企業分析をそれ学生の多くが陥ってしまうことが、ただ企業を調べ上げたことで満足してしまうということです。 企業研究は企業を調べることがゴールなのではなく、その後就職活動における意思決定をする上での情報をわかりやすくまとめておくことが目的です。


企業にエントリーする、面接で志望動機を話す、就職先を決定する。これら一つひとつのアクションに企業研究の質が要求されます。だからこそフォーマットにまとめ、ぐに企業の特徴を思い出せるようにすることが大切です。


企業研究の手順


①テンプレートシートをつくる

企業研究の手順の一つ目としてテンプレートのシートを作るということをお勧めしています。受ける会社の一社一社を研究していくということには変わりはないのですが最終的にはそういった会社を比較して自分が行きたい会社を決めていけません。だからこそ同じ条件で比較するためにエクセルなどのシートを使ってテンプレートを作ることをお勧めしています。


②情報をまとめる

テンプレートのシートの作成が完了したら情報を求める段階に行きましょう。実際にOB訪問、企業サイト、会社パンフレット、会社別説明会など様々な情報を得る手段があるのでそれらを上手に活用していきながら情報をまとめていきましょう。


③他人に説明する

また自分が十分に企業説明をできているかどうかを調べるために他人の人に説明するというのも重要な方法のひとつです。人に説明するためには、自分は一段と深く理解している必要があります。そのため自分が十分に企業研究ができているかどうかを確認する方法として効果的な手段の一つになるのです。


しかしなかなか話し相手は見つからない就職活動の話をできる人が少ないといった人も少なくはありません。そういった時には就職活動エージェントなど自分の就職活動をサポートできる人を見つけて聞いてもらうことも検討してみましょう。


企業研究のポイント


①わからない用語や職種は芋づる式で調べていく

経営学部などに所属していない限り企業について深く調べるというのはおそらく就職活動が初めてという人も少なくはないでしょう。 そのため企業研究をしているうちに知らない単語や職種名が多く出てくることがあります。 しかし、そういった単語一括で覚えるというのはなかなかやりたくても難しいです。単語が出てくるたびに地道に調べて覚えていきましょう


②重要箇所はハイライト・太字

また企業研究を深く進めていくうちに分量が多くなってしまう場合もあります。しかし大切なのは一目で見て企業がどのような特徴を持っているかを理解している状態になることです。だからこそ大切な箇所にはハイライトや太字をするなどして見やすい資料作成を心がけましょう。これはビジネスマンになって資料を作成するときでも役立つので就職活動に限らず長期的に行なっていくことが大切です。


③調べて出てこない情報こそ説明会や座談会で聞く

また調べて出てこない情報知りたい情報こそ、説明会や座談会、 OB訪問で聞くということをお勧めしています。自分が知りたい情報を取りに行く姿勢というのは会社側からも評価されます


インターネットに載っている情報はある意味同じ会社を受けるライバル達もほぼ全員がチェックしている情報です。だからこそ一歩踏み込んだ企業研究をするために会社のホームページやネットでは載っていない情報を直接聞きに行きましょう。


まとめ


今回は就職活動には欠かせない企業研究についてまとめました。

【企業研究の手順】

  • ①テンプレート作成
  • ②情報収集⇒当てはめ
  • ③他人に説明してみる

【企業研究ポイント】

  • ①専門用語は地道に調べる!
  • ②色を使い分けて覚えやすく!
  • ③不足情報は直接聞く!

上記をおさえておけば、基本的に企業研究は問題ないでしょう。しかし自分にとって企業研究が十分にできたと言える状態なのかなかなか分かりづらいです。


JobSpringでは、就職活動の相談のプロが自分の納得いった就職活動のためのサポートをしてくれます。 もちろん自分が作った企業研究のシートのチェックをしてくれます。どれだけ優秀な学生にとっても自分に自信がない学生にとっても共通していることは初めての就職活動だということです。 だからこそ自分や周りの基準だけで進めるのではなく第三者的な立場で相談に乗ってくれる人に頼ってみるのも就職活動を進める上でおすすめです。


TOPIC

新着記事