【就活対策】全落ちしたらどうする?今からできる対処法とは

CONTENTS

就活では受けた企業で全落ちすることもありうる

未経験=落ちる確率は高いという前提

どの選考段階で落ちてしまうのかは様々

早期からはじめれば良いというわけでもない

全落ちしてしまう理由と対策法

①倍率の高い企業しか受けていない

②コミュニケーション不足

③業界や職種を絞りすぎ

④業界や職種がバラバラすぎ

⑤選考段階ごとの対策ができていない

一度落ちてしまった今やるべきこと

①自己分析と企業研究を練り直す

②経験を積む

もし全落ちしてしまったらどうするべきか

①諦めず新しくエントリー

②進路変更を行う

③就職浪人をする

④エージェントを利用

まとめ

自分なりにやりたいことを考え、 対策して受けた企業から次々とお祈りが届いたら...大ショックですよね。 今まで大きな挫折を味わったことのない人は、自分の人間性を否定されているような気持ちになってしまうかもしれません。


しかし就活生は平均して13.46社にエントリーするのに対して内定企業は2.36社、 また8月末時点での内定保持者は8割で、残りの人はまだ内定がない状態です。 (就活みらい研究所『就活白書2019』参照)つまり落ちて落ちまくるのが就活の面接では当たり前と言えます。


とはいえ、全落ちは避けられるならば避けたほうが気持ちの面でも楽ですし、もし現時点で内定がないのであれば今後どう行動するかが大切でしょう。心配する必要はありません。秋以降も例年50~60%の企業が採用活動を継続するため、「全落ちだ!どうしよう」と悲観しないでください。


今回は、

  • ・全落ちしないために気を付けたいこと
  • ・今から内定を得るためにできること

に注目してご紹介したいと思います。


就活では受けた企業で全落ちすることもありうる


未経験=落ちる確率は高いという前提

ESや面接など、就活にはコツが必要なポイントが多くあります。 インターンで練習済みの就活生は問題ないのですが、就活本番でいきなり第一志望群の選考が続くとコツをつかむ前に終わってしまうことがあります。 


インターンや志望度の低い企業で慣れることが賢い方法です。


どの選考段階で落ちてしまうのかは様々

ES、ウェブテスト、グループディスカッション、面接など選考のどのタイミングで落ちてしまうのかによって対策が変わります。


例えばESで毎回毎回引っかかってしまうとなると文章やアピール方法に基本的な問題があると考えられ、それを改善しないままだと全落ちにつながってしまいます。


早期からはじめれば良いというわけでもない

近年では就活生の売り手市場で、選考も早期化しています。さらに今後は就活が通年化するでしょう。


だからこそ低学年のうちから多くのインターンや選考に参加する人も多いです。しかし早く就活をはじめれば上手くいくというのは誤解です。


もちろん就活で必要なコツをつかむには早めの対策と慣れが必要ですが、大学生活を就活中心に過ごすと「あなたは大学で何を学んだの?」と思われてしまいます。企業が求めているのは就活のプロではなく「未来ある若手」なのです。


全落ちしてしまう理由と対策法


①倍率の高い企業しか受けていない

誰もが名前を知るような有名大企業は、だいたい数十倍から数百倍の倍率です。大学受験も大変な競争ですが、就活における大企業の選考ではさらに熾烈なバトルが繰り広げられています。


例えば、倍率20倍の大企業に13社(19卒平均エントリー数)エントリーした場合、全落ちするのは、当然にあり得ることです。その事態を避けるために様々な規模の企業を受ける必要がありますが、新たに違う業界の研究をするのは大変ですから志望業界の中で、興味のあるベンチャー・中小企業を探すことが大切です。


関連記事:『就活で失敗!?大手企業に全落ちしてしまったときにできること』

②コミュニケーション不足

  • ・面接中の受け答え
  • ・電話応対
  • ・グループワーク

などコミュニケーションは選考中に常に必要となるものです。


中にはコミュニケーションをとることが苦手な人もいるかもしれませんが、就活においては「面白いことを言える人間」ではなく「会話のキャッチボールができる人間」がコミュ力があるということなので気負う必要はありません

  • ・聞かれたことに答える(質問に沿った回答をする)
  • ・相手の話をしっかり聞く
  • ・面接の逆質問を準備する

だけでコミュニケーション力の高い人になれます。


関連記事:『【新卒必見】おさえておくべき逆質問例と応用のコツ3選!』

③業界や職種を絞りすぎ

やりたいことをしっかり考えて、志望業界や職種を選ぶのは立派なことです。しかしあまりに絞りすぎてしまうと、上手くいかなかったとき、途中で希望が変わったときに対応しにくくなってしまいます


エントリーの段階では一つの業界や職種に絞らず、余裕を持って選択肢を持つことがおすすめです。


④業界や職種がバラバラすぎ

反対に、就活の軸がぶれすぎているのも危険です。企業分析や業界研究では、ある程度時間をかけて深く掘り下げる必要があります。その際にあまりに多くの業界に手を出していると、すべて中途半端で上手くいかない場合があるのです。


関連のある業界や仕事内容が似ている職種などから選ぶことで部分的に企業分析や自己PRの内容を使いまわせるので効率が良いです。


⑤選考段階ごとの対策ができていない

就活で苦戦する人が見落としがちなポイントが、

  • ES・ウェブテスト→基本的な学力や志望動機
  • グループディスカッション→協調性・リーダーシップ
  • 面接→企業との相性、人間性、仕事の適性

など選考の段階ごとに面接官が見たいポイントは違うということです。それを意識した対策をすることで効率よくアピールすることができます。


関連記事:『就活で面接とエントリーシート(ES)の内容は一緒でいいのか』
関連記事:『就活のグループディスカッションでおさえたいポイント!話せない人必勝法』
関連記事:『【就活対策】受かる人の特徴は?面接中と準備はココに注目!』

一度落ちてしまった今やるべきこと


①自己分析と企業研究を練り直す

  • ・志望業界や職種が偏りすぎ/幅広すぎ
  • ・大手ばかり受けている

という場合は一度自己分析と企業研究を見直して、「自分に向いているのは?」「その業界/企業はやりたいことができるか」「他にも良い業界/企業があるのではないか」ということを確認してみてください。


②経験を積む

  • ・コミュニケーション力が足りない
  • ・選考ごとの対策が不十分

という場合は、実際に選考を経験することでコツをつかめることが多いです。自分が志望する企業以外にも多めにエントリーし、出来るだけ多くの場数を踏みましょう。


もし全落ちしてしまったらどうするべきか


①諦めず新しくエントリー

就活は夏前に終わりではなく、卒業直前まで採用が行われています。特に内定辞退が出る夏から秋は、有名企業でも追加募集があるようです。


②進路変更を行う

大学院進学の試験は時期がバラバラです。秋や年明けに試験を行う大学や学部もあるため、途中で院進学に切り替える人もいます。


③就職浪人をする

就職浪人は就活で不利かと心配する人もいますが、それはその一年間で何をしたかによるでしょう。留学やインターンに力を入れてアピールポイントを増やし、第一志望に内定した人もいます。そのため、やり残したことがあると感じている人にとっては一年のばすことも選択肢の一つです。


④エージェントを利用

就活エージェントはリクナビやマイナビ以外にもあります。大手就活エージェントに目が行きがちですが、それ以外のところでも優良なベンチャーや中小企業を紹介していることが多いのでおすすめです。


[注意] むやみやたらに企業を紹介してくるサービスも少なからず存在します。あなたの話をしっかりと聞いた上で進路を助言してくれているか、誠実な態度で信頼できるか、なども含めて利用するエージェントを選びましょう。


まとめ

就活で大切なのは、事前に対策すること、もし全落ちしたときは気持ちを切り替えることです!


後悔しない就活にするため

  • ・自己分析と企業研究を磨く
  • ・就活の場で経験値を増やす

ことを心掛けてみてください。


そうすれば

  • ・志望業界や職種が偏りすぎ/幅広すぎ
  • ・大手ばかり受けている
  • ・コミュニケーション力が足りない
  • ・選考ごとの対策が不十分

といった全落ちにつながりかねないミスを防ぐことができます。


また、自分のやるべきことがよく分からない、進路が決まらないという悩みを持っている方はぜひ就活エージェントを利用してみてはいかがでしょう。


仲の良い友人でもデリケートな就活の悩みは打ち明けにくいものです。そんなときは私たちJobSpringに来てお話をしませんか?面接練習を通した選考通過のためのアドバイスや、自己分析のサポートなど全力で皆さんをサポートします!いつでもいらしてくださいね。


編集者

JobSpring Online編集部

後悔のない就活を応援するメディア「JobSpring Online」のメディア編集チーム。

構成メンバー: コンサルタント、人材業界マーケター、学生ライター、etc.

TOPIC

新着記事
TOPへ