内定辞退に関する不安を一気に解消|基本マナーから伝え方まで解説

CONTENTS

内定辞退はいつまで?承諾後も辞退できる?

内定辞退の基本マナー

誠実な対応をする

内定辞退を決めたらできるだけ早く連絡

連絡する時間には注意

内定辞退の電話するのが怖い……メールでも大丈夫?

手紙で連絡するのもアリ

電話とメールの両方がベスト

内定辞退の理由を聞かれたら?

内定辞退には強い意志を持っておこう

まとめ

就職活動を終える際、悩みの一つとなる「内定辞退」。志望企業に内定をもらえた、志望企業が変わった等、辞退をする理由はさまざまです。


しかし、どのようにして辞退すべきか?そもそも辞退できるのか?と、不安な点も多いのではないでしょうか。


この記事では、疑問の多い内定辞退について、実際の方法と併せて解説します。


内定辞退はいつまで?承諾後も辞退できる?



内定辞退は、入社2週間前までは法的に問題なくできます。内定承諾後も辞退可能です。(民法627条)


そもそも、内定に至るまでにはどのようなステップがあるのでしょうか。


最終面接を終えて、企業が「この学生を採用しよう」と決めて内定を出します。多くの場合、この時点の連絡は「内定を出す通知」(いわゆる「内々定」)です。


その後、企業から正式な内定通知を受け取り、企業に内定承諾書を提出すると「内定承諾」したことになります。しかしこの内定承諾所には働かなければならないなどという法的拘束力はありません。そのため書面で確認を行う内定承諾後であっても可能です。


しかし、だからといって入社ぎりぎりになって内定承諾後の内定辞退をすることは避けましょう。過去の判例では、直前に内定辞退したことにより会社の信頼を著しく損なったとして損害賠償が認められたケースがあります。裁判沙汰は稀であるものの、不誠実な態度はトラブルを招く原因になるので注意しましょう。


内定辞退の基本マナー



では、実際に内定辞退をする際は何をすべきでしょうか。ここでは、押さえておきたい基本のマナーをご紹介します。


不安の多い内定辞退ですが、マナーを意識して不安を軽減させましょう!


誠実な対応をする

先ほど紹介したような企業とのトラブルを起こさないためににも誠実な対応は必須です。


内定辞退をする企業には、必ず連絡しましょう。心苦しさもありますが、企業は採用のために多くの時間と労力を割いています。だからこそ、入社意思がないのであればすぐに連絡を行いましょう。


社会人になった後に内定辞退した企業とかかわる可能性もあります。将来の仕事を円滑に進めるためにも、誠実さを心がけましょう。


※内定辞退を内定辞退セットや代行で行うのは極力避けよう

内定辞退は、なるべく自分自身で行いましょう。


近頃では内定辞退セットや代行も話題になっていますね。企業からのハラスメントが激しいなど、事情があればこのようなサービスを利用するのも一つの方法です。


しかし、特別な事情がないかぎりは、なるべく自分自身で辞退する企業に連絡するのがベストです。


※エージェントを利用している場合はエージェントにも連絡を

就活エージェントを利用している場合、企業と就活生の間にエージェントが入ります。そのため企業側にとっては、就活生の印象がエージェントの印象にもなり得ます。


お世話になったエージェントに迷惑をかけないよう、内定辞退の前にエージェントへ連絡しましょう。


内定辞退を決めたらできるだけ早く連絡

企業の採用枠は決まっています。遅い連絡は企業の採用計画に影響を与えてしまう他、選考中の就活生への迷惑にもなりかねません。


内定辞退の連絡は、なるべく早めに行いましょう。早さも、誠実さの一つです。


連絡する時間には注意

内定辞退の連絡は、お昼休みの時間を除いた午前11時~午後15時前後に行いましょう。


企業側が忙しく連絡の取りづらい時間にコンタクトを試みては、自分自身の負担にもなり得ます。企業の始業・終業時間を避け、なるべくお互いに負担がかからない時間に連絡しましょう。


内定辞退の電話するのが怖い……メールでも大丈夫?



内定辞退は怒られるなどのイメージがあり、連絡を億劫に感じてしまう人も多いのではないでしょうか。文面のみの連絡はそのような不安を軽減できますが、素っ気なく感じられ、印象はあまりよくありません。


企業へこれまでの選考のお礼を伝えるためにも、勇気を振り絞って電話してみましょう。


これだけ押さえれば大丈夫!就活中の電話折り返しのマナー・例文紹介


手紙で連絡するのもアリ

手紙も内定辞退の方法の一つです。手書きの言葉は、自分の思いが伝わりやすいでしょう。デジタルな時代において、手紙だからこそ伝わる一面もあるかもしれません。


連絡の早さにもかかわるため、その企業に適した方法であるか検討した上で、電話・メールと併せて手紙を活用しましょう。


【例文紹介】就活メールのいろは|基本的な書き方や送信マナーを紹介


電話とメールの両方がベスト



電話では記録が残らない可能性もあるため、記録の残るメールでの連絡も行いましょう。「言った、言わない」のトラブルを未然に防ぐことができます。


一度電話をかけて繋がらない場合は、先にメールで内定辞退の旨を連絡しておき、後ほど改めて電話しましょう。一度目の電話で連絡が取れれば、そこで内定辞退したい気持ちを伝えつつ、メールでしっかりと断るのがよいでしょう。


内定辞退の具体的な手順や例文については以下の記事で紹介しています。




内定辞退の理由を聞かれたら?

企業に連絡すると、内定辞退の理由を聞かれることもあります。その場合、はっきりと理由を話す必要はありません。「一身上の都合」、「検討の結果」等の理由で十分です。


実際の内定辞退理由としては、「他社の選考通過したから」、「希望する待遇ではないから」、「希望する仕事内容ではないから」などが多いようです。


伝える際には、内定辞退する企業を貶める印象にならないよう注意しましょう。他企業と比較するのではなく、あくまで自分自身の希望条件とは合わなかったことを伝えましょう。


内定辞退には強い意志を持っておこう



内定辞退してしまえば、翌年にその企業で働くことはできません。本当に内定辞退すべきか、なぜ内定辞退するのか、今後のためにも書き残しておきましょう。


企業に連絡をする際、内定辞退しないよう引き留められるかもしれません。それでも心が揺らがないよう、強い意志を持っておくことが大切です。


マイナビの調査によると、18年卒の就活生の35.4%、19年卒の34.0%が内々定通知後に辞退を行っています。内定辞退をする就活生は少なくないようです。


将来にかかわるため、自分自身で納得できるまで検討した上で、内定辞退が得策である場合は心配しすぎずに行動しましょう。


参考:「2019年卒マイナビ企業新卒内定状況調査」 http://mcs.mynavi.jp/enq/naitei/data/naitei_2019_r.pdf

まとめ



疑問点・不安点も多い内定辞退について解説しました。以下の3点を確実に押さえましょう。


  • ✔ 入社2週間前までは、承諾後であっても内定辞退が可能
  • ✔ 連絡は誠実に、電話とメールを併せて行う
  • ✔ 十分に検討した上で、内定辞退を選択する際には強い意志を持つ

内定辞退は就職活動の最終ステップです。連絡には勇気がいりますが、先延ばしにしてしまうとさらに連絡しづらくなってしまいます。

納得して就職活動が終えられるよう、最後までしっかりと向き合いましょう!


編集者

JobSpring Online編集部

後悔のない就活を応援するメディア「JobSpring Online」のメディア編集チーム。

構成メンバー: コンサルタント、人材業界マーケター、学生ライター、etc.

TOPIC

新着記事
TOPへ