合同説明会って結局行くべき?メリット・デメリットをわかりやすく解説

CONTENTS

合同説明会ってなに?

そもそも行くべき?

結論:行くべき

合説に参加するメリット 

合説に参加するデメリット

合説はどういう人に向いている?

合同説明会に行くときのポイント

知らない企業と出会える場所は他にも…

まとめ

みなさんは合同説明会に参加したことがありますか?


友人が行くからと何となく行って何となく終わりがちなイベントですが、ちょっと意識を変えて真剣に臨むだけで、多くの情報が得られるようになります。


今回は合同説明会のメリット・デメリットを含めて、参加のポイントを分かりやすくご説明します。


合同説明会ってなに?


合同説明会では様々な企業が会場に集結して30分ほどの簡単な会社説明を行い、就活生はそれぞれ関心のある企業を自由に回ることができます。一般的に広い貸しスペースなどを企業ごとに区切ってブースを作るスタイルが多いです。


20卒は3月の段階で合同説明会に平均2.4回参加しており、そこでは平均7.3社の説明を聞いています。


参考:『マイナビ学生就職モニター調査』https://saponet.mynavi.jp/release/student/#category-monitor

そもそも行くべき?


結論:行くべき

参加時期は就活を始めたての頃がおすすめです。本選考とは違い、合同説明会は友人と一緒に参加している人も多いです。参加している社員さんも明るくフラットな雰囲気の人が多いため、気負わず参加してみることが大切です。


合説に参加するメリット 

①効率的に志望企業を探せる

短時間ですが企業説明会を聞くことで、自分の興味と合っているのかはある程度分かります。合同説明会である程度志望企業を絞ってから個別説明会に参加することで、時間と労力の節約になります。


②新しい業界、職種に出会える

何となく誘われて入ったブースで、今まで全く意識していなかった業界や職種に関心を持つことも多いです。視野を広げるためにもあえて詳しく知らない企業のブースへ足を運ぶこともおすすめです。


③早期選考、インターン優遇の案内があるかもしれない

特に参加大学が限られていたり、体育会系や理系限定など参加人数が少ない合同説明会では優遇情報をもらえることがあります。企業側も出来るだけ少ないコストで採用を進めるため、欲しい人材が集まる合同説明会で効率的に人集めをしたいのです。一次選考免除、説明会の優先受付など優遇のレベルは企業によりさまざまです。


合説に参加するデメリット

①薄い情報しか手に入らない

30分程度の短い時間ですから、企業理念や事業内容など初歩的な内容しか触れられないことがほとんどです。すでにその企業に詳しい就活生は「もう知ってるよ」とがっかりしてしまうかもしれません。


②とにかく人が多い

規模が大きくなるほど、就活本番に近づくほど、合同説明会は混雑します。ただでさえ多忙な就活中に人混みで体力を奪われることが嫌という人もいるでしょうし、時期によってはインフルも心配です。


③目的意識がないと「行っただけ」になる

すごい人数が参加するため、作戦を立てて回らないと「身になる情報は何も得られなかった」という残念な結末になりかねません。


例えば、「興味のある企業を新しく3つ見つける」「説明会に参加したことがない業界を中心に見る」など簡単で良いので自分なりの目的を設定することをおすすめします。


合説はどういう人に向いている?


上記のメリット・デメリットを踏まえて、どのような人は合同説明会が役に立つのか分析してみました。


  • ・就活をはじめたばかりの人
  • ・エントリー数を増やしたいけど志望企業がない人
  • ・優遇制度を使って早く就活を進めたい人

これらに当てはまる方は合同説明会で良い収穫を得ることができるでしょう。


合同説明会に行くときのポイント


合同説明会に慣れていない人は以下の点に注意すれば大丈夫です。


  • ・最初に目的はざっくり決めておく(何社みる、何を質問する、など)
  • ・友人に合わせない(一緒に会場に行っても良いが、自分の行きたい企業をみる)
  • ・どの企業が来るか事前にチェック(あとで時間オーバーにならないように)
  • ・食わず嫌いせずに気軽にさまざまな企業に参加する(新しい出会いがあるかも)

知らない企業と出会える場所は他にも…


もし合同説明会に行きそびれた、思うような成果がなかったという場合は、他にも企業と出会える場はあります。


  • ・OB/OG訪問
  • ・就活エージェント など

合同説明会への参加はおすすめですが、それ以外に道がないわけではないので焦らなくても大丈夫です!


OB・OG訪問のススメ


まとめ


合同説明会はみんな参加しているから流れで参加する、という就活生も多いでしょう。何となく終わってしまいがちなイベントですがメリットもデメリットもあります。そして上手く利用すれば就活に役立つ情報がたくさん得られる機会でもあります。


  • ・就活をはじめたばかりの人
  • ・エントリー数を増やしたいけど志望企業がない人
  • ・優遇制度を使って早く就活を進めたい人

はぜひ参加をおすすめします。


また参加の際のポイントとしては、

  • ・目的はざっくり決めておく
  • ・友人に合わせない
  • ・参加企業を事前チェック
  • ・気軽にさまざまなブースに参加する

などがあるので、参考にしてみてください。


また、合同説明会に参加できなかったり、上手に情報収集できなくても挽回の機会はあります!知り合いの先輩にOB/OG訪問をお願いしたり、就活エージェントで客観的な視点からの企業紹介を依頼することもできます。


私たちJobSpringでも企業紹介を行っていますが、押しつけで面接をセッティングすることはありません。まずは個人面談で自己分析をお手伝いしたうえで、一人ひとりの適性と希望に合わせて一緒に企業選びを行います。もし困ったことがあればいつでも無料面談にご参加くださいね!


編集者

JobSpring Online編集部

後悔のない就活を応援するメディア「JobSpring Online」のメディア編集チーム。

構成メンバー: コンサルタント、人材業界マーケター、学生ライター、etc.

TOPIC

新着記事
TOPへ