内定後の大学生活はどうすべきか?入社までの動きについて解説!

CONTENTS

内定後にやるべきこと

①支えてくれた人にお礼

②就活を振り返る

③より深い業界・企業研究

大学生としてやっておくべきこと

①勉学に励む

②趣味に没頭する

大学生の間にやっておいて損はないこと

①海外旅行にいく

②運転免許証をとる

社会人になる前に準備しておくこと

①物件を探す

②クレジットカードを発行する

③ビジネスに必要な身の回りのものをそろえる

内定後の大学生活を楽しむ上でのポイント

①優先順位を設けること

②スケジュールを立てること

③ハメをはずさないこと

④心配しすぎないこと

まとめ

内定承諾を経て、晴れて就職活動を終了された皆さん、おめでとうございます!ここに至るまで長い道のりを歩んできた皆さんは残りの大学生活を精一杯謳歌するという義務が残っています!


今回は内定後から入社前までの大学生活をどのように過ごせば良いか、参考になる情報を余すところなく集めました。


内定後にやるべきこと


①支えてくれた人にお礼

まずはあなたの就職活動を支えてくれた周りの人に感謝の気持ちをつたえましょう。きっとあなたの親御さんは心からあなたの内定をうれしく思っているはずです。


②就活を振り返る

就職活動で考え抜いた「自己分析」や「志望動機」は行動軸となり将来のあなたを支えてくれます。就活開始から終了までの軌跡を思い出し、まとめておくことをおすすめします。


③より深い業界・企業研究

予備知識があるのとないのとでは、入社後の適応力に差が出ます。もしあなたが入社後誰よりも早く成長したいと考えているのであれば、内定者インターンなどに参加し、一歩先を目指してみましょう。


大学生としてやっておくべきこと


①勉学に励む

「学生の本分は学業である」という言葉にもある通り、学生が学生である理由は学問を追究することにあります。


実は筆者も勉強をサボりがちでしたが、社会人になって勉強欲が出てしまい「あの時もっと学んでおけばよかった…」と後悔することが多々あります


「そこまで勉強に興味ねーよ!」って人も、だまされたと思って人生で一番勉強したと言えるレベルで学問に励んでみてはいかがでしょうか?まだ単位や卒論が残っている方は当然そちらを優先してください


②趣味に没頭する

大学生は「体力があり、時間があり、お金もそこそこある」という黄金時代を生きています。つまり好きなことに全力を投じることができるということです。


もしあなたに趣味があるのであれば、どれだけ昇華させることができるか試すのも大学生の特権です。


大学生の間にやっておいて損はないこと


①海外旅行にいく

定番中の定番ですが、おすすめです。海外で受ける刺激は普段の環境からは得ることのできないものが豊富に含まれています。


せっかく海外に行くのであれば、長期的に満喫したいところです。1週間以上の予定を組みやすい大学生にとってはうってつけのアクティビティです。


②運転免許証をとる

今では公共交通機関が充実したエリアが多いため運転免許証は必須ではないものの、いざというときに役立ちます。


社会人になってから取得するとなると、まとまった時間が必要なため仕事との都合を考えなければなりません。将来的に必要だと考えている人は今のうちにとっておくと楽です。


関連記事:『後悔のない大学4年生の過ごし方|就活から旅行まで一挙解説』

社会人になる前に準備しておくこと


①物件を探す

一人暮らしを考えている人限定になります。条件の良い物件は他の人も狙っているので、早めに住居探しをすることをおすすめします。


②クレジットカードを発行する

収入の低い社会人1年目や2年目はクレジットカードの審査が通らないことがあります学生は比較的通りやすく、社会人になった後も移行されやすいため作っておくことをおすすめします。


③ビジネスに必要な身の回りのものをそろえる

スーツ、靴、鞄など働くうえで必要なものは早めにそろえておきましょう。特にスーツは場合によって出来上がりに時間を要することがあるので、余裕をもって準備しておきましょう。


内定後の大学生活を楽しむ上でのポイント


①優先順位を設けること

やることを書き出してみて、やらなければならないこと、やりたいことに分類してみましょう。MUSTの項目を先に片づけていくことで後々気持ちが楽です。


②スケジュールを立てること

就活の時と同じく、目的を達成するための段取りを逆算し計画的にこなしていきましょう。スケジュールを上手く管理すれば時間を無駄にすることなく多くの項目を消化できます


③ハメをはずさないこと

就職活動が終わったことに安堵しすぎてハメをはずす学生は一定数います。SNSトラブルや警察沙汰はすぐに内定先の企業へ知れ渡ってしまうため、一瞬の気のゆるみが内定取り消しという悲惨な結果を招くこともあります。節度を守って残りの時間を過ごしましょう。


④心配しすぎないこと

内定後によくあることとして、順調に進みすぎて不安をおぼえるということがあります。その上、企業の口コミサイトなどを確認して少しでも悪い噂を見聞すると内定ブルーに陥ってしまう人も少なくありません。


就活を顧みて、今一度自分の決断に自信をもつことをおすすめします。どうしても心配がぬぐえない方は就活エージェントに相談するのも良いでしょう


関連記事:『「もしかして内定ブルー?」不安が募ったときに読んでほしい1ページ』

まとめ


今回は内定後から入社までの限られた時間を有効活用する情報をご紹介しました。大学生活は自分が思っているよりもあっという間に過ぎてしまう(耳にタコかもしれませんが本当です(笑))ので、今しかできないことに全力を注ぐことをおすすめします!


【ポイントおさらい】

  • ・内定直後は就活の仕上げ
  • ・大学卒業に必要なことは最優先
  • ・やらなければならないこと・やりたいことをリストアップ
  • ・スケジュールをつくって実行!
  • ・調子の乗りすぎには注意!

以上のことを踏まえ、残りの大学生活を精一杯楽しんでください!


TOPIC

新着記事