自分の就活不安しかない!怖くて眠れないときに読むと落ち着く1ページ

CONTENTS

前提:就活でうまくいかなくても何とかなる

よくある不安

①本当にやりたいことがないのでは…

②人に自慢できる経験をしてきていない

③面接・選考で落ちるのが怖い

④内定がもらえなくて泣きそう…

⑤周りが優秀で劣等感しかない

⑥内定先が合わない・ブラック企業だったら…

⑦これからずっと働くというプレッシャー

まとめ

就活をしている皆さんの中には不安で眠れない人もいるのではないでしょうか。筆者も元就活生として怖くなったり焦る気持ちはとてもよく分かります。今回は「今感じている不安を少しでも和らげたい!」「とりあえず折れそうな気持ちをどうにかしたい!」そんなときに読んでいただきたい記事です。


この記事には就活のテクニックだとかコツといった小難しいことは書きません。どうぞ気楽な気持ちで読んでみてください。(えーコツが知りたいよという方はこちらの記事へどうぞ↓)


メンタル?焦り?就活が不安になる理由は複数!でも対処法を知れば大丈夫


前提:就活でうまくいかなくても何とかなる



不安になってしまう人によく見られる特徴として「就活に失敗したら人生終わり」だとシリアスになりすぎる点が挙げられます。この記事の続きを読む前に分かっておいていただきたいのは、そんなことは全くもってありえないということです。


たとえ今回の就活で自分の思う結果を出せなくても、あなた自身が望みさえすれば挽回の機会はいくらでもあります


  • ・違う会社で実力をつけた後、転職で希望の業界・企業に行く
  • ・就職を延期し、進学や留学で自分探し&新しい夢を探す
  • ・休学して翌年の就活で再チャレンジする

など将来の選択肢は自分次第でいくらでも増やすことができます。就活に失敗したからといって命を取られるわけではないのです。それに夢を叶える前に回り道したとしても良いではありませんか。人生で起こる色んなこと(特に辛い・大変なこと)に無駄はありません。全部もれなくあなた自身の力や知識につながります。ですから一度肩の力を抜いて、深呼吸をしてみてください。


よくある不安



就活生が抱きがちな不安は以下の通りです。


  • ・本当にやりたいことがないのでは…
  • ・人に自慢できる経験をしてきていない
  • ・面接・選考で落ちるのが怖い…
  • ・内定がもらえなくて泣きそう…
  • ・周りが優秀で劣等感しかない
  • ・内定先が合わない・ブラック企業だったら…
  • ・これからずっと働くというプレッシャー

今回はお悩み別に筆者なりのアドバイスをさせていただこうと思います。


①本当にやりたいことがないのでは…

周囲の人が目標を見つけて行動に移していく中、自分のやりたいことが見つからず、そのことに不安や焦りを感じる就活生は多いです。どうして自分だけこんなにやる気が出ないのだろう、自分は不真面目なんだと自己嫌悪に陥る人もいます。そうなると周りの人だけが立派に見え、就活を続けたくなくなったり、友人に会うことが嫌になったりすることもあります。


夢や目標がないことに焦る理由は、私たちは子どものころから「夢があることは素晴らしい」とされる環境で過ごしてきたからです。でも実際は常に夢だけを追いかけて生きているわけではありませんよね。大人に近づくほど現実を見て選択することも増えてきます。ですから就活に対して夢や高い目標が見出せなくても心配しないでください。働きたい環境や給与など条件で判断することも決して悪いことではありませんよ。夢がなくても第一志望は余裕で決められます。


こだわりがない、やりたいことが見つからなくても就活はできる!


②人に自慢できる経験をしてきていない

中にはESを書いたり面接練習を行う段階になって、自分の経験に自信が持てなくなる人もいます。どれも人並みで特別な経験はないと思ってしまうことで、堂々と語れなくなってしまうのです。特にグループ面談で他人のインパクトのあるエピソードを聞いた後に落ち込んだことがある人も多いのではないでしょうか。


筆者が自分に言い聞かせてきたことですが、人並みのことを人並みにこなし続けるのは意外と大変で、すごいことなのです。大勢と比較してみると代わり映えのしない経験でも、自分自身にとってはそのときそのときのドラマがあり思い出があるはずです。部活でテニスをしたけど自分ぐらいのレベルはいくらでもいるし、勉強も平均的な成績だったし、留学もしてない、などと自分を卑下することはやめましょう。大切なことは他人と比べてどれだけ目立つ経験をしたかではなく、その経験の中であなたがどれだけ成長したかであり、企業もそのようなエピソードを求めています。


学生時代に頑張ったことで成果がないのはOK?エントリーシート・面接突破術


③面接・選考で落ちるのが怖い

今までの人生で出来るだけ挫折を避けて慎重かつ真面目に生きてきたほど、不合格や失敗に対して恐怖心を持っていることが多いです。就活も念入りに準備しているけれど、それでも落ちまくると先輩に聞いて不安で仕方がないと就活前の友人が言っていました。緊張から動悸や吐き気といった身体的な不調が現れる人も多いです。


とりあえず現実として、就活では落ちて当たり前だということはお伝えします。就活における不合格は実力不足ではなく運がなかっただけのことも多いです。でも何か対策しないと落ち着かないという人は本命の前に他の企業を受けて内定をもらっておくなど、少しでも気持ちを楽にできる方法はあります。筆者は「もし次落ちてもまだ3つ面接があるから大丈夫」などと言い聞かせて心に余裕を持たせていました。また胃痛など体調不良になりそうだと分かっている場合は、薬を持ち歩くなど体を気遣うことも大切です。


④内定がもらえなくて泣きそう…

友人が内定をもらい始めると焦りがピークに達します。昼間はもちろん寝る前も考えすぎて眠れず、涙が出る人もいるのではないでしょうか。このような話題は人に相談しづらいだけに一人で悩みを抱えやすいです。それでも自分も面接が順調に進んでいる企業があればまだ不安がやる気に変わりますが、心配なのは就活が上手くいかない中で絶望を感じてしまうことです。


このような悩みを持つ人に伝えたいことは、採用活動は秋以降も卒業間際まで続いているということ、全体的に人手不足なので募集は絶対に残っているということです。就活というとどうしても周りと足並みを揃えないとダメだという気持ちになるかもしれませんが、本当に自分のペースで良いのです。あなたの力を必要としている企業は必ずありますし、望んで努力を続ければちゃんと見つかります。もしちょっと疲れたなと感じるのであれば、2、3日好きなことをして休んでから再スタートしても決して遅すぎることはないので大丈夫ですよ。


⑤周りが優秀で劣等感しかない

一般に高学歴と呼ばれる大学出身だと周りからのプレッシャーも強くなるかもしれません。部活の同期が超有名企業に内定した、自分が落ちた第一志望に友人が行くなど、素直におめでとうと思えない状況に直面することもあります。そんな中で自分の内定先に不満を持ったり、自分は周りにより劣っていると劣等感を持つ人もいるようです。


「他人と比べても仕方がない」と言っても気になるものは気になりますよね。ちょっとうらやましく思ったり、モヤっとすること自体は悪いことではないです。特に就活が終わってすぐは気になるかもしれません。ですが良くないのは、内定先の名前だけに固執して、頑張った自分を認められなくなってしまうことです。変な就活を乗り切った自分自身のことを褒め、誇りに思ってあげてください。その上でたとえ時間がかかったとしても、自分と友人それぞれにおめでとうと思えるようになったらとても素敵ですね。


⑥内定先が合わない・ブラック企業だったら…

懇親会で同期と気が合わなそうだと感じた、残業時間が多いらしいからブラックかも、と内定先が決まっても不安になることがあります。内定ブルーという言葉もあるくらいですから決して珍しいことではありません。


まず、同期も緊張していますから初対面では本来の自分を出せていないかもしれません。入社前に何回か会うことで徐々に打ち解け、良い人たちだと気が付くこともあります。それに企業内の実情は入ってみないと分からない部分が多いです。必ずしも残業が多い=ブラックというわけではないですし、社員の雰囲気も内定者の段階では完全には分かりません。


どうしても嫌だと思うのであればもう一度就活をするという方法もありますが、何となく不安という程度であれば「とりあえず学生生活を楽しんで、細かいことは入ってから考えよう」くらいの気楽な感じで良いのではないでしょうか。


内定ブルーにならないための対策とつらいときの解消方法


⑦これからずっと働くというプレッシャー

筆者もこのことにすごく悩みました。一週間のうち5日も仕事に使うという感覚が全くわかりませんでした。長期休みがないなんて不自由だ、働きづめの人生は嫌だ、と思う人も多いはず。学校に行くために満員電車に乗っていると周りはうつろな目をした会社員ばかり、そのような状況では悲観的になるのも無理はないと思います。


これは筆者なりの解決策ですがとりあえず一度働いて貯金しよう(一生は嫌だけど何年間かだったら頑張れそう)、そしてしんどくなったら辞めて、転職前に長期旅行をしたり家でぐうたらしたり好きなことをやろうと決めています。私の例はかなり極端ですが、このように皆さんが自分自身でキャリアプランを考えて、好きなように働けば良いのです。最近は転職しやすい世の中になり、前職でスキルを身に着けていれば決して難しくはありません。さらに脱サラするという手もあります。ずっと働きたくなかったら、休めるように自分でキャリアを形成していけばOKだということです!


まとめ



個人的な筆者の不安もかなり書いてしまいましたが、皆さんがいま持っている悩みは決して一人だけのものではないよということが伝われば嬉しいです。忙しい就活中に不安で眠れないことは精神的にも身体的にもキツイですが、終わってみるとこんなこともあったなと頑張った自分を誇らしく思えるものです。無理だけはせず、耐え難いと思ったら早めに家族や友人、大学のキャリアセンターなど自分が信頼出来る人に相談しましょう


また身近に相談できる人がいない、知り合いには言いたくないということがありましたら、私たちJobSpringのような就活エージェントに相談することもできると覚えておいてください。初対面だからこそ人間関係を気にせず話せますし、就活のプロとして助言することもできます


就活のお悩みについては以下の記事にも書いています。こちらはもう少し具体的に、不安解消のためにどう行動することがおすすめかなどをご紹介しています。


メンタル?焦り?就活が不安になる理由は複数!でも対処法を知れば大丈夫


皆さんの不安が少しでも解消されることを願っています、応援しています!


編集者

JobSpring Online編集部

後悔のない就活を応援するメディア「JobSpring Online」のメディア編集チーム。

構成メンバー: コンサルタント、人材業界マーケター、学生ライター、etc.

TOPIC

新着記事
TOPへ