長く働けるという就活の軸はOK?

CONTENTS

自分の軸としてはあり

経済が不安定だからこそ安定は求められる

特に女性は出産や育児なども考えなければならない

面接の際に軸として答えるとうまくいかない

福利厚生を軸にすると大半の企業が嫌がる

入社してどのような働きを見せてくれるかを期待されている

会社への軸へと転換させる

長く働きたいとは言い換えれば1つの企業に長く貢献したいということ

その企業での長期的なキャリアステップを考える

まとめ

就活で働く企業の条件を考える際、多くの学生がひとつの企業で長く働けることを条件に含んでいるかと思います。


今回は「長く働く」ということを就活の軸にすることがいいのか、また、面接の際にそれをどのように伝えればいいのか解説します。

自分の軸としてはあり

経済が不安定だからこそ安定は求められる

経済状況には波があることは皆さんご存知かと思います。


あまり明るい経済社会を経験しておらず、なにかと不況ムードを見てきている現代の就活性はこれからの社会に不安を感じている背景があります。

そのため企業の安定性を重視する考えは当然のごとく増加します。


また売り手市場に移行しつつある最近では、就活側が企業に条件を求めやすくなっているという要因も考えられます。

その結果、条件として「会社が経営難に陥りづらく、昇給率が高い」ことを判断基準としている人が多く存在するのです。

特に女性は出産や育児なども考えなければならない

 男性とは異なり、女性の場合は産休や育休を考慮することも出てきます。

子供を養うためのそれなりの給与、そして休暇後の復帰ができる労働環境が整っていることは非常に重要なことです。


自分のライフプランがある中で企業の安定性を軸とすることは全く悪いことではなく、むしろごく当然の考えであり、堅実な判断といえるでしょう。


面接の際に軸として答えるとうまくいかない


本音では長く働けることを軸としているものの、その理由をそのまま伝えてしまうとあなたの印象を悪くしてしまう可能性があります。


福利厚生を軸にすると大半の企業が嫌がる

 「安定した労働環境」「福利厚生の充実した環境」で長く働きたいといった本音は理解できるものの、それを表に出してしまうと印象が良くない場合が多いです。なぜならば、それらの軸は「恩恵を受ける」といった受動的な要素のみを含んでいるからです。


就活の軸=働きたい動機と考えたとき、手厚い福利厚生を受けるために働くという動機は聞こえが良いでしょうか?おそらくあなたが面接官であってもあまり快く思わないでしょう。特にこれから期待している新卒からおんぶにだっこを求められればなおさらかもしれません。

入社してどのような働きを見せてくれるかを期待されている

実際に福利厚生や安定性のためだけに働くことが果たしてダメなのかという議論はここでは割愛します。ただ、採用側があなたの働く動機のなかに会社へ貢献しようとする意志の有無に関心を抱いていることは確かです。


例えば「自分が求めている経験やノウハウを培うチャンスがあるか否か」といった軸の場合、チャンスを得るのは受動的ですが、その後成長させた労働力を自社に還元してくれるという能動的な要素も含みます。


自分のことだけを視野に入れている人と企業のことも視野に入れている人とでは採用者の目に映る魅力は断然違ってくるでしょう。


会社への軸へと転換させる

長く働きたいとは言い換えれば1つの企業に長く貢献したいということ

「長く働きたい」という言葉にもその背景を変えれば簡単に印象を変えることができます。

それは「安定した会社で平穏にやっていきたい」という考えから「愛社精神をもって企業を成長させていきたい」という考えに転換するということです。

こうすることで、本音では堅実な考えを保ったまま企業に良い印象を残すことが可能になります。


例:「私は自分の夢を体現することができる企業で、長く務めることができるかを就職活動の軸としています。軸としている理由は大きな夢を実現するためにはひとつの企業で文化とノウハウを培う必要があると考えたためです。

その企業での長期的なキャリアステップを考える

ただ言い換えるだけでは、「表面的な言い回しだ」と見透かされる場合もあります。長く務めるにあたってどのようなキャリアを進むつもりでいるのかをできるだけ具体的に説明できるようにしておくことをおすすめいたします。


長期的なキャリアステップを考える際に参考になるこちらの記事もチェック:就活で「5年後10年後の将来像」を聞かれたら|具体例とともに解説

まとめ


長きにわたる不況や現状の社会問題を目の当たりにしている皆さんだからこそ、「安定」を求めることは至極当然です。できるだけ苦労をしないよう堅実な就活軸を定めることは決して悪いことではありませんが、ありのままをぶつけてしまうと思わぬ結果を招くこともあります。本音と建前をうまく活用して就活を乗り切りましょう。


JobSpringでは就活の軸以外にも多くの相談に乗っています。悔いのない就職活動を全力でサポートしていますので、気になった方は是非一度お越しください!


就活面談サービス「JobSpring」へのご予約はこちらから!

チーム

JobSpring Online編集部

後悔のない就活を応援するメディア「JobSpring Online」のメディア編集チーム。

構成メンバー: コンサルタント、人材業界マーケター、学生ライター、etc.

TOPIC

新着記事
TOPへ