就活中の面接で否定された?圧迫面接の意図と逆手に取る方法

就活中の面接で否定された?圧迫面接の意図と逆手に取る方法

CONTENTS

面接で否定されたときに考えられること

明らかに自分の知識不足や対策不足

何にでも突っかかってくる圧迫面接

採用担当が圧迫面接をする意図

相手のことを詳しく知ろうとするために深掘りする

否定されたときのストレス耐性を見ている場合もある

否定されたときの対処法

まずは前向きに答えること

否定されたことについて逆に詳しく理由を聞いてみる

「自分を肯定してくれる企業は他にある」と考える

圧迫面接で覚えておきたいポイント

見た目を意識する。

笑顔

うまくいかなかった面接でも受かっていることがある

まとめ

圧迫面接をご存知でしょうか?

圧迫面接とは試験官が学生の対応力を見るために、わざと意地悪な質問をしたり否定的な態度をとったりすることです。面接官に高圧的な態度を取られると、ただでさえ緊張している就活生もさらに緊張が増し、自分の持っている力を100パーセント発揮することができないと思います。

そこで今回は圧迫面接の意図を理解し、それを逆手にとってうまく切り抜ける方法を紹介したいと思います。

面接で否定されたときに考えられること


明らかに自分の知識不足や対策不足

面接に行く時企業の理念や情報を調べていくと思います。その時にその調査が浅かったり的を得ていなかったりすると、「この人は本当にうちの会社に入りたいのかな?」と思い面接官が不信感が強くなり機嫌を損ねてしまいます。

何にでも突っかかってくる圧迫面接

企業側は就活生の本当の気持ちを知りたいのです。少しのことでも「why?」「what?」で追求してくることがあると思います。そこはうまく割り切り、面接対策で自分なりに深掘りすることを意識すると良いです。

採用担当が圧迫面接をする意図


相手のことを詳しく知ろうとするために深掘りする

面接官は言うならば就活生を雇うために選ばれた人たちです。面接という短い時間の中で就活生の人間性であったり考え方を捉えなければなりません。そのため「なんで?」「どうして?」を繰り返し、その人の深層心理を知るために知れる情報は知っておきたいのです。

否定されたときのストレス耐性を見ている場合もある

社会人になったら嫌なことがたくさんあったりストレスが増加することがほとんどです。

その中で企業が求めている人材は精神的にタフな人です。精神的に強い人は見た目ではわかりません。そこで面接官はあえて否定を繰り返し、就活生のストレス耐性を見ているのです。

否定されたときの対処法


まずは前向きに答えること

面接で否定された時は、とにかく前向きに考えましょう。ムッとしたりイライラが顔に出てしまうと面接官の印象も悪いです。1つ1つの表情や態度にも「明るく」「前向き」を意識して受け答えしましょう。

また、面接官は「高圧的な態度をわざととっている」と開き直って考えましょう。

自分の人間性を見られているという意識を強くもてば否定されても怖くありません。

否定されたことについて逆に詳しく理由を聞いてみる

「君、この会社に向いてないよ」など抽象的な否定をされた時には、「どのような点で向いてないのでしょうか。」などと答え、相手の真意を探ることが良いです。うまく切り返すことで、相手が考えていることを把握し、自らアピールしていきましょう。

「自分を肯定してくれる企業は他にある」と考える

面接で否定してくる企業は全部ではありません。自分をアピールできて、将来長い目で見たときここなら自分の力をしっかり発揮できるという企業は必ずあるはずです。

自分が損をするなと感じたならば、身を引くことも手の1つです。

圧迫面接で覚えておきたいポイント

見た目を意識する。

面接では9割が見た目で決まると言われています。自信を持って前をむいて話せているか、声の大きさを意識して大きくするなどめんせつかんのい印象に残るように意識しましょう。

 

特に自分の自信を相手に誇示するにはボディランゲージなどが有効です。 


笑顔

圧迫面接を受けた時、負の感じようになってしまったり、緊張が増してしまうことがあると思います。そんな時こそ笑顔を意識しましょう。表情を自分から明るくすることで、脳が反応し不思議とポジティブな感情になります。しっかり笑顔を意識しましょう。


うまくいかなかった面接でも受かっていることがある

面接後の感触として絶対落ちたなと感じてしまうときもあるかと思います。


しかし、その時にネガティブにならず前向きに捉えましよう。うまくいかなくても受かっていることもあります。終わったことにクヨクヨせず、切り替えて次の面接対策をしましょう。


まとめ

今回は面接で否定される圧迫面接の対策についてお話ししました。


就活は体力勝負であり、肉体的にも精神的にも疲れるかと思います。そういった時に将来の自分の姿をしっかり想像し、自己実現できる企業か否かを面接の時にでも判断できると思います。


Job Springではエージェントが、圧迫面接だけでなく基本的な面接対策も行ってくれます。エージェントのアドバイスを考えている方や、話を聞いてみたいなと考えている方は気軽に相談してみてはいかがでしょうか


就活面談サービス「JobSpring」へのご予約はこちらから!

RANKING

人気記事ランキング

TOPIC

新着記事