そもそも働きたくないと考える理由と一歩を踏み出すための解決方法

CONTENTS

そもそも働きたくないと考える理由4つ

①やりたいことがない

②就職よりもやりたいことがある

③職場の環境や自分の能力に対して不安

④時間を拘束されることに不満がある

「働かない」と「なにもしない」は違う

自立して生活するにはお金が必要

お金を生むのは社会への「価値提供」や「貢献」

働きたくない人が取るべき解決方法5つ

①情報を集めて行動する

②就職以外で稼ぐ方法を見つける

③大学院に進学する

④起こってもいない未来のことを想像しない

⑤フリーランスとして働く

まとめ


就活を始める前や自己分析の途中、「そもそも働きたくない」と思った人はいませんか?「何のために働くの?」「やりたいことがない…」と思うのは、決して珍しいことではありません。

しかし「働きたくない」とは言え、「じゃあ働かない」という選択ができるかは別問題です。

この記事では、働きたくないと考える理由を捉え、その後のための解決方法をまとめました。一歩踏み出すために、一緒に考えていきましょう!


そもそも働きたくないと考える理由4つ

そもそも働きたくない旗


「働きたくない」に至るまでの理由はたくさんあります。まずはその理由を分析することが大切です。なぜ「働きたくない」と思ったのか、そう考えた理由を今あるだけ挙げてみましょう。


また、「就活」と「就職」、どちらに不安があるのかも考えてみてください。いわゆる「就活」がしたくないのであれば、新卒一括採用的な就活ルートだけでなく、アルバイト先への就職や知人の紹介等、他のルートも模索してみるとよいでしょう。


①やりたいことがない

「やりたいことがない」と思う人は多いと思います。その場合は、まずはやりたいことの規模から見直しましょう。壮大な目標ばかりを掲げようとしていませんか?その必要はありません。「やりたいこと」というよりも、「やってみたいこと」で考えるとわかりやすいと思います。


また、「働きたくない」というよりも、実は「自分は就職できない」と考えているかもしれません。そのようなときは、「やりたいこと」ではなく「できること」を考えてみましょう。「できること」が見つかれば、自己有用感にもつながり、自分の精神的負担も軽減されます。


さらに、「なりたい自分」も探してみましょう。自分自身の成長を第一目標にすると、働くことが手段となり、仕事自体にむやみに目的を見出そうとすることも減らせると思います。


自己分析の沼にハマって「働く意味がわからない」「なぜ生きているのか」と考えて落ち込んでいる人は、一旦切り上げて誰かの力を借りましょう。延々と自分で考えたところで、納得できる答えを出すのが難しい問いもあります。


②就職よりもやりたいことがある

大学院に進学したい、留学したい、趣味を充実させたいなど、他にやりたいことがあるケースもあります。その場合は、まずそれらの「やりたいこと」が翌年度にできるのかどうかを考えましょう。実現可能であれば、目標のために方向転換をはかってみてください。


資金が不足している、今の能力では条件に満たない等、何らかの理由があって「やりたいこと」が実現できないのであれば、いま足りないものを補うために就職するのは良い選択だと思います。


自分のやりたいことを実現するために、就職して自分のできる範囲を広げようと考える人はたくさんいます。働くことで、自分の夢に一歩近づくと考えてみましょう。


③職場の環境や自分の能力に対して不安

学生とは環境が大きく異なり、責任を持って働く社会人になることに対して不安を抱く人も多いです。周囲とうまくやっていけるか、ブラックではないか、仕事がきちんとできるか等、働く環境や自分の能力に確信が持てず、あれこれ考えてしまうこともありますよね。


これらは「働きたくない」よりも「働くことが怖い」のほうが近い気がしますが、どちらにせよ「上手くやっていきたい」と思うから不安になるのだと思います。そのような人は、実は仕事へのモチベーションが高いのではないでしょうか。自己分析・企業研究にしっかり取り組むことでマッチ度を高め、不安の少ない就活・就職ができるようになると思います。


④時間を拘束されることに不満がある

フルタイムで働くとなれば、時間の拘束もあります。その他、会社のルールに従わなければならないこともあるでしょう。


高校は3年間、大学は4年間など、自分で終わりが把握できた学生時代と比べても、社会人になると同じ状況が数十年続くという終わりの見えない状況に圧倒されてしまうかもしれません。「働きたくない」よりも、「拘束されたくない」思いが強いのだと思います。


働き方について、どれだけ拘束されるかは企業によりけりです。つまり、もちろんルールの厳しい企業もありますが、意外とルールの少ない企業もあるということです。


ルールの有無に対するメリット/デメリットを考えた上で、さまざまな企業と接触をはかって自分に合った企業を探してみると、負担なく働けるかもしれません。「就職」にとらわれず、「収入を得る」という点から働き方を考えてみるのもおすすめです。


「働かない」と「なにもしない」は違う

夕陽


そもそも、「働く」とは一般的な就職だけを指しているのではありません。アルバイトや派遣といった非正規雇用も一つの働き方です。また、自分のスキルや経験を活かしてフリーランスとして働くこともできますし、起業だって可能です。どこかの企業の社員になることだけが「働く」ではありません。


それを踏まえた上で、「働きたくない」のであれば、では他になにをするのか、どう生きていくかを考えましょう。予定通り働かなかったからといって、それに対して満足感が得られるわけではないと思います。


自立して生活するにはお金が必要

現実的に考えて、働かずに生きていけるかという点は大きなポイントになります。諸々の税金や年金の支払い、奨学金の返済など、収入がなければ全て滞ります。それらを滞りなく納めるためには、安定した収入を得られる仕事に就くことが一番負担の少ない選択となるでしょう。


家族や親戚から金銭的な援助が得られる人もいるかもしれませんが、それは共依存的な関係に近く、関係性自体を見直したほうがいいと思います。自分らしく自由に生きていくためにも、自立したほうが無難です。


お金を生むのは社会への「価値提供」や「貢献」

「生きるために働くなら生きたくない…」などの考えに陥る人もいるかもしれませんが、その場合はもう少し利他的な視点を入れてみるといいかもしれません。


例えば食事をするにしても、自分一人で食材を賄うことはできないはずです。食材が自分の手元に届くまでには、食品を作る人、食品を手配する人、食品を売る人がいます。


仕事は誰かにとってのニーズがあり、その上で成り立っています。誰かにとって難しいことを、自分が代わりにやると考えれば、仕事に感じるハードルも少し低くなるでしょう。


働きたくない人が取るべき解決方法5つ

足


「働きたくない」と感じる人も、その根底にある理由はさまざまだと思います。「やりたいことがない」「就職以外にやりたいことがある」「自分が働けるか不安」「職場のルールに縛られたくない」など、分析をしてみると「働きたくない」とは若干ニュアンスが違うかもしれません。自分の「働きたくない」理由を、ズレなくとらえることが大切です


すぐに就活を行わないのであれば、それに代わる案を出しておく必要があります。働きたくない場合、以下の解決方法を試してみましょう。


①情報を集めて行動する

就職しなかったとしても、卒業後に取り組むことを見つけておいたほうがいいと思います。できる限り情報収集をして、自分のやってみたいことを探してみましょう。結果的に、就職することが一番効率的であったりもします。


以下の記事には、仕事でやりたいことがないときの考え方と、その場合の就活の進め方をまとめました。こちらもあわせて目を通し、自分のライフプランをざっくりと考えてみるのもおすすめです。


就活で「やりたいことがない」場合の考え方と自分に合う企業の見つけ方



②就職以外で稼ぐ方法を見つける

就職をせず、お金を稼ぐ方法を探すこともできます。例えばYouTuberの広告収入や、ブロガーのアフィリエイト収入が挙げられます。自分に合った方法が見つかるかはわかりませんが、ニーズを作り出すことでそれに見合った収入を得ることができるでしょう。


また、国外に興味がある場合は青年海外協力隊などもおすすめです。自分のできることを活かしながら、今までとは異なる環境で過ごすことで、次なる目標が見つかるかもしれません。青年海外協力隊の場合は、「手当」という形でお金が得られます。


就職以外の方法を取る場合は、十分なスキルや情報を自分が持ち合わせているか慎重に検討する必要があります。思うように収入が得られない場合、別でアルバイトなどを探す必要があるでしょう。



③大学院に進学する

自分のやりたい研究をして、結果的に世の中に貢献するという方法もあります。研究が好きであれば、進学して研究者を目指すのもよいでしょう。


修士、博士を取るとなればお金もかかります。進学資金が足りず、貯金を目的として一度就職する人も多いです。


研究者を目指す場合は、自分の目指すポストに就くまでにどれだけの時間とお金がかかるかを一度計算したほうがよさそうです。特に研究分野によっては募集が少なく、常勤として採用されるのは狭き門のようです。


④起こってもいない未来のことを想像しない

未来のことを考えすぎても、その通りになることはほとんどありません。「就職して上手くいかなかったらどうしよう」などと考えて不安になるのであれば、それに対して自分が何をすべきか・どう対策できるか考えるほうがいいと思います。物事を感情で捉えすぎるのではなく、認知的にしっかりと考えていくことが大切です。


⑤フリーランスとして働く

フリーランスとして働くこともできます。特定の企業に就職するのではなく、自分のできることを活かしてその都度仕事をこなしていくスタイルです。


フリーランスとして十分に働くには、ある程度の実績が求められます。数年の実務経験を積み、その上でフリーランスとして活動するのが現実的だと思います。悪質なネットワークビジネスなどに引っかからないよう注意しましょう。


まとめ

飛行機


働きたくないと考える理由と、一歩を踏み出すための解決方法についてまとめました。この記事のポイントを振り返ってみましょう!

・なぜ「働きたくない」と思ったのか、その理由を明確にする
・働かずに何をするのか、または、どのような条件であれば働きたいかを整理する
・「働きたくない」に留まるのではなく、今後どう生きていくかという視点で次の行動を考える


社会人になるにあたって伴う変化は非常に大きく、未知の事柄に対する不安や恐怖心を抱きやすいと思います。その結果、一時的に思考を止めて「働きたくない」と考えることもあるかもしれません。しかし、その状況から抜け出すためにも、「働きたくない」の理由を考えてその都度解決することが大切です。



就活のプロに相談してみる 就活のプロに相談してみる

編集者

JobSpring Online編集部

後悔のない就活を応援するメディア「JobSpring Online」のメディア編集チーム。

構成メンバー: コンサルタント、人材業界マーケター、学生ライター、etc.

TOPIC

新着記事
就活のプロに相談してみる
TOPへ