ベンチャー企業に向いている人・向いていない人の特徴をわかりやすく解説

CONTENTS

ベンチャー企業に向いている人の特徴は?

①変化や刺激を求めるタイプ

②日頃から情報感度が高い

③自分のアイデアを共有したい

④将来起業したいと考えている

⑤仕事における自分の影響力を感じたい

⑥早い段階で様々なスキルを体得したい

ベンチャー企業に向いていない人の特徴は?

①日々の仕事に安定・安寧を求めている

②業務やビジネスに対して受動的

③社内研修で丁寧に教わりたい

④長い時間をかけて専門的なスキルを身に着けたい

ベンチャー企業で求められる能力

①変化に対応できる柔軟性

②自己管理の能力

③人と異なる視点に立てる能力

まとめ

近年、就職活動の中で人気になっているのがベンチャー企業です。リクルートやサイバーエージェントと言われるメガベンチャーから少人数規模のスタートアップまで様々な会社があります。


普段名前を聞いたことがない会社就職することに抵抗を感じる人もいるのではないでしょうか。しかし大きい会社ではなくベンチャー企業に就職した方が楽しく働ける人がいるというのも事実です。


このページではベンチャー企業に向いてる人向いていない人についてざっくばらんに解説していきます。


関連記事:『ベンチャー企業の就活って?メリットとデメリットを解説』

ベンチャー企業に向いている人の特徴は?


①変化や刺激を求めるタイプ

まずの変化や刺激を求めるタイプの人はベンチャー企業に向いています。毎日が同じ仕事の繰り返しではなく、事業を伸ばすために様々な業務をする必要があります。


だからこそベンチャー企業で働いていれば必然的に日々新しいことにチャレンジせざるを得なくなります。だからこそ変化や刺激を求めるタイプはお勧めです。


②日頃から情報感度が高い

日ごろから情報感度が高い人もおすすめです。何が正しいか何かをどうなるかわからないのかで物事を進めていく必要性があります。そのため柔軟に新しいことにもチャレンジしていくのがベンチャー企業の特徴です。


大企業もさらなる事業成長のため、もちろん挑戦していますが意思決定のスピードが速いため積極的にチャレンジできるのはベンチャー企業の強みです。


③自分のアイデアを共有したい

自分のアイデアを共有しやすいのもベンチャー企業の特徴のひとつです。人数が少ないからこそ一人ひとりが考えて意見を共有しつつ行動していくことが求められます


「良いアイデアであれば即実行する」がモットーの企業もあります。反面、機動力で劣る大手では自分の企画が通るまでに長い時間がかかります。だからこそ自分のアイデアを共有することで企業を動かしたいという人にとってベンチャー企業はおすすめです。


④将来起業したいと考えている

将来自分の中のキャリアとして起業を考えている人もベンチャー企業おすすめです。起業するために参考になるのはやはり社長の近くで働き経営視点を養うことです。しかし大手企業ではなかなか社長に会えずに何十年も働くということがありえます。


代表取締役と対談する機会が設けられている、必要に応じて知識や人脈を得るチャンスが与えられるベンチャーであれば自身が起業する際の大きな糧となるでしょう。


⑤仕事における自分の影響力を感じたい

仕事における自分の影響力が強くなるのもベンチャー企業の特徴のひとつです。一つ一つのプロジェクトを遂行する人数が少ないからこそ自分のアクションが直接結果につながります。逆に自分がやらなければ芳しくない結果が出てしまいます。


仕事のモチベーション維持において自分の影響力を感じたい人にはオススメです。


⑥早い段階で様々なスキルを体得したい

早い段階で様々なスキルを習得したい人にもおすすめです。先ほども書きましたが会社の事業を伸ばすために色々な事に挑戦しなければならないのがベンチャー企業の特徴です。


特に早期戦力化を目指すベンチャー企業では若手が活躍できる機会がいたるところに転がっています。だからこそ様々なスキルを習得したい人にとっては絶好の環境と言えます。


ベンチャー企業に向いていない人の特徴は?


①日々の仕事に安定・安寧を求めている

日々の仕事に安定安寧を求めている人はあまりベンチャー企業には向いていないかもしれません。 一つの仕事に落ち着いて取り組むことができるのは大企業の強みでもあります。また明日潰れることがないというのも大企業の強みです。だからこそ安全安心を求める人はベンチャー企業に向いていないでしょう。


②業務やビジネスに対して受動的

また業務やビジネスに対して受動的な人もあまりベンチャー企業には向いていません。自分で「必要な仕事は何か」「何をやるべきなのか」を判断することも重要な仕事のひとつです。間違えることを恐れずに果敢に挑戦していくことができなければ、ベンチャー企業に入ってもあまり活躍することはできません。


③社内研修で丁寧に教わりたい

社内研修なので丁寧に仕事について教わりたいという人も大企業が向いています。ベンチャー企業は規模が小さい分、いきなり現場で働くことが多いです。そのためなかなか社内研修でゆっくり教わることはできる会社は多くありません


④長い時間をかけて専門的なスキルを身に着けたい

また一つの事をずっと長く続けることができるのも大企業の強みです。そうすることで自分の専門的なスキルを磨くことができます。ベンチャー企業も規模によって業務範囲は様々ですが、比較的マルチスキルになりがちです。キャリア幅を広くするよりも、一つの分野だけを極めたいという方にはベンチャーは合わないかもしれません。


ただし、大企業でも急な異動で職種が変わることもないわけではありません。そのことに留意しつつ、自分が目指す方向性を考えてみてください。


ベンチャー企業で求められる能力


①変化に対応できる柔軟性

ベンチャー企業で一番求められる能力は変化に対応できる柔軟性です。一般的な大企業に比べて組織の変化やサービス内容の変更業務体系の変化など様々な変更点が日々ありますだからこそ、そういった変化に柔軟に対応できる必要性があるのです。


②自己管理の能力

また自己管理能力も大切な力のひとつです。ある意味仕事をきちっと分け与えられないからこそ自分で動いたり自分の視点を持ちながら「これをやるべきだ」、「これに挑戦するべきではないか」と役割を取りに行くことが大切です。


③人と異なる視点に立てる能力

 また一般的な人と違う視点に立って物事を考えることができることも魅力の一つです。積極的に新しいことを取り入れたり、チャレンジしていく必要性がある環境の中で独創性や革新性がある人は活躍することができるでしょう。


人と異なる視点を持つためには、普段何気ない常識や一般的な見解を「本当にそうだろうか」と問題提起できるクリティカルシンキングが必要です。


まとめ


ベンチャー企業に向いている人大企業に向いている人、向いていない人について様々な特徴を挙げてまとめてきました。


【向いている人】

  • ・変化や刺激を求めるタイプ
  • ・日頃から情報感度が高い
  • ・自分のアイデアを共有したい
  • ・将来起業したいと考えている
  • ・仕事における自分の影響力を感じたい
  • ・早い段階で様々なスキルを体得したい

【向いていない人】

  • ・日々の仕事に安定・安寧を求めている
  • ・業務やビジネスに対して受動的
  • ・社内研修で丁寧に教わりたい
  • ・長い時間をかけて専門的なスキルを身に着けたい

【必要な能力】

  • ・変化への柔軟性
  • ・自己管理能力
  • ・クリティカルな視点

しかし自分が実際に向いているのかどうかは、簡単にわからないものです。たとえば大企業の中でもベンチャー気質の会社があったり、ベンチャーの中でも大企業のようなお堅い会社があったりするのも現状です。


だからこそ自分がどういった会社に向いているのかどうかは社会人の人に相談することがお勧めです。


JobSpringでは自分の適性についてキャリアの専門家が詳しくアドバイスを実施しています。また自分の強みはどういった点を社会に活かしていけるか、その後のキャリアはどうすれば良いかなどのアドバイスもくれるので、ぜひ一度試してみてください。


TOPIC

新着記事