広告業界の特徴と動向

CONTENTS

広告業界の特徴

広告業界の動向

広告業界の特徴

 就活生からの人気が高く、どの時代でも華やかというイメージを持たれてきたのが広告業界です。

 広告業界の仕事として代表的なものにはテレビCMの制作などがあります。そもそも広告代理店は、メディアの広告枠を広告主(クライアント、顧客)に売り、手数料(コミッション)を得るというのが基本的なビジネス形態です。


→業界研究:広告業界の主要なサービス形態


 従来は純粋にそれだけを行っていましたが、時代とともにその役割は広がっており、その枠に載せる広告を制作指示するのも広告代理店の業務となっています。そして制作部門を持つ広告代理店の場合は制作部門が広告制作会社と共に行います。また顧客企業の商品開発、顧客企業や取り扱う製品のイメージの構築(CIなど)、イベントのプロデュースあるいは運営を行っています。


 基本的にこの広告代理店には、「総合広告会社」「専門広告会社」「インターネット広告会社」という3種類があります。以下、それぞれについて説明していきます!


  • 総合広告会社

 有名企業である電通や博報堂などがこの総合広告会社に属します。クライアントのマーケティング活動の全般を担う会社です。

 広告主と、それを見るユーザー(消費者)を結ぶために、原則として全ての広告媒体を取扱い、企画から制作までを総合的に手掛ける会社です。総合広告会社は全ての広告媒体を扱っていることから、その特徴として、企業はその様々な媒体を複数またいで広告を出すことができます。

例えばTVCMを打つのと同時にリスティング広告などのインターネット広告、電車内のステッカーなどの交通広告などを出稿する際に、総合広告会社であれば一度に依頼することが可能となります。


  • 専門広告会社

 専門広告代理店はメディア側に立った広告代理店です。

 担当する専門メディアの「枠」を売るための営業活動を行います。新聞社、テレビ局、出版社などの特定媒体社の広告取扱いとその広告企画・制作を中心とする広告会社です。時代と共に媒体専属会社からすべての媒体を取り扱う総合広告会社へ転進する流れもあるようです。

 専門広告会社は特定の媒体に特化した広告代理店であることから、その特徴として、クライアント(依頼主、広告主)が、すでにターゲットとしてユーザーがある範囲で明確にあり、「ちょうどその枠に広告を出したいと考えていた」というような場合であれば、そもそも様々な媒体で広告を出稿する必要がありませんから、総合広告代理店に依頼するよりも安上がりになると考えられます。しかも特定の媒体に専門的な方に依頼した方が良い・安心であると考えるクライアントは少なくないのでその点が強みとなるでしょう。


  • インターネット広告会社

 あらゆる種類のインターネット広告を用いて各得意先のプロモーションにどのようなインターネット広告媒体が最適であるかを考え、最も効果的なインターネット広告の提案をする会社です。

 リスティング広告、バナー広告、動画広告、メール広告、ターゲティング広告、アフィリエイト、バイラス広告、コンテンツマーケティング、ソーシャルマーケティングなどを専門的に取り扱っている会社であるため、クリエイターを目指す人はTVCMよりもこちらの方が向いているといえるでしょう。



 広告業界での職種は主に、営業、企画とクリエイティブ部門があります。

 営業とはクライアントから仕事をもらいスケジュールの管理を行うのが主な仕事で、企業とクライアントの窓口になる役割です。決められた予算内で効果的な広告を打てるように、企画やクリエイティブ部門との連携も取ります。

 企画とは、クライアントの希望を叶えるために市場調査やリサーチを行い、効果的であろうと思われる戦略を立てるのが主な仕事です。

 クリエイティブ部門とは、企画部門が立てた戦略を実際に形にしていく部門です。この部門の中にはコピーライターやデザイナー、アートディレクターなどが含まれます。

広告業界の動向

 市場規模が大きいことが特徴である広告業界ですが、現状の課題として、広告のデジタル化と広告価値の低下が挙げられます。


 まず広告のデジタル化についてですが、従来の広告媒体は、テレビ・ラジオ・雑誌・新聞の4種類でした。しかしインターネットが普及したことで4つの媒体のバランスが崩れ現在ではインターネットを媒体とした広告も多く、広告のデジタル化インターネット向けの広告作成が要求されるようになっています。


 続いて広告価値の低下についてです。広告業界に限らず、さまざまな業界で値引き行為が見られ「格安」という言葉が頻繁に使われるようになっており、それまで常識だった料金や価格を大幅に下回る金額での商品販売やサービス提供が行われています。

 広告業界でもそのような流れになりつつあり、値引き行為は広告そのものの価値を下げることになり、業界全体による値引き競争に発展する可能性があります。広告代理店によるマージンが1%減少することにより10%の人員を削減しなければならないというシステムの広告業界でそのような値引き合戦が起こってしまえば、業界全体の衰退にも繋がってしまいます。


 ただ、このような課題を踏まえたうえでも、広告業界の将来性は比較的安定しているといえそうです。広告というのは各業界の企業の戦略として必要不可欠なものであるため、その媒体や形が変わることはあっても消滅することはあまり考えられません。

 しかし、長年続いてきた4種類の広告媒体の勢力図がインターネットの普及によって大きく崩れた今、広告業界は媒体やビジネスモデルを大きく変えていく必要に迫られています。そのため今は広告業界にとって大きな転換期と言えそうです。

編集者

JobSpring Online編集部

後悔のない就活を応援するメディア「JobSpring Online」のメディア編集チーム。

構成メンバー: コンサルタント、人材業界マーケター、学生ライター、etc.

TOPIC

新着記事
TOPへ