外資系とは何か?就活に活かせる具体例とともにわかりやすく解説

CONTENTS

「外資系」とは?

代表的な外資系企業

外資系企業で働くメリット

 ①給与水準が高い

 ②実力主義・成果主義

 ③ワークライフバランスが尊重されている

 ④グローバルな仕事環境

外資系企業で働くデメリット

 ①福利厚生が手薄い

②結果が出せなければ生き残れない

 ③ボスの権限が強い

④一定の英語力は求められる

外資系企業に向いている人は?

外資系を志す際の注意点

外資系企業の選考の特徴について

外資系は日系より選考時期が早い

選考ステップとしてインターンが超重要

まとめ


就活で人気の「外資系」。近年はグローバル化も伴い、日本で耳にする外資系企業の名前も増えています。しかし「結局、『外資系』って何?」と思う人も多いのではないでしょうか。

この記事では、「外資系」について、主な特徴や企業名、働く上でのメリット・デメリットをまとめました。外資系企業への理解を深め、選考に向けて準備できるように情報を整理しましょう!


「外資系」とは?

外資

「外資系」「外資」は、「外資系企業」のことを指しています。

外資系企業とは、海外の企業や投資家が一定以上の出資をしている(=その企業の株式を保有している)日本の企業のことです。それら海外の企業・投資家は、企業の経営方針に強い影響力を持っています。

企業が外資系かどうか見極める際には、その会社の株式保有比率を確認する他、外国発祥の企業かどうか、本社所在地はどこか等を調べるとわかります。「日本法人」という語が見つかった場合は外資系企業であると考えられます。また、社名が「○○ジャパン」「日本○○」の場合も、外資系企業であることが多いです。


一般的に、日本発祥の日本の企業のことを「日本企業」、海外進出している(または海外の企業に一定以上の出資をしている)日本の企業のことを「日系企業」と言います。


代表的な外資系企業

外資系企業で行われる具体的な仕事は想像しづらいかもしれません。その場合は、仕事や企業を題材にした映画の鑑賞がおすすめです。なかなか身近に感じられない投資銀行などであっても、銀行マンやリーマンショック等を題材にした映画を見ると、具体的な社名とともに社会での主な役割を知ることができます。


 ・外資系投資銀行


… ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー


 ・外資系コンサルティングファーム 


… マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン コンサルティンググループ


 ・外資系IT企業


… Google、日本マイクロソフト


 ・外資系メーカー


 ・食品

…ネスレ日本

…日本コカコーラ

・自動車

…ボッシュ

…ボルボ・カー・ジャパン

・アパレル

…ナイキジャパン

  …バーバリー・ジャパン


外資系企業で働くメリット

メリット


「外資系」と聞くと、グローバル・語学堪能・自由な社風・実力主義等のイメージがあるのではないでしょうか。外資系が合うか合わないかは人によりけりですが、自分が就職時に譲れない条件と、条件それぞれの重要度を検討しておくと、エントリーする企業を決める際に役立てられると思います。


 ①給与水準が高い

一般的な日本の企業と比較すると、同業種でそれぞれ1~3割ほど年収が高いと言われています。とはいえ、日本の企業のなかでも給与水準が高い企業もあります。職種によっても違いがあるため、SNSや社員口コミが見られるサイトを活用し、情報収集を行いましょう。



 ②実力主義・成果主義

外資系では、個人の能力や業績によって評価されます。よって若くても優秀であれば、昇進・昇給もできるシステムです。日本の企業でもポテンシャル採用がなされるようになり、実力主義的な社会になりつつありますが、外資系のほうがその傾向が強くあらわれています。


 ③ワークライフバランスが尊重されている

残業をする=時間管理が不十分ととらえられるため、定時までに仕事を終わらせて帰宅する風潮があります。


例えばGoogleでは、19時以降オフィスに人がいないそうです。家族との時間を大切にする海外の考え方の影響か、休暇制度もしっかりしており、有給なども消化しやすいと言われています。


 ④グローバルな仕事環境

外資系企業ではさまざまな国籍の人と一緒に働くことができます。社内で当たり前のように英語を使う企業も多く、語学力は必須です。CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)でレベルが証明できるよう、語学の国際試験を受けておくのがおすすめです。


外資系企業で働くデメリット

デメ


では、外資系で働くデメリットはどのようなところにあるのでしょうか。人によっては外資系の働き方が苦手な人もいると思います。自分の良さを活かして働くためにも、どのような点で外資系が合うか・合わないかを考えてみましょう。


 ①福利厚生が手薄い

外資系企業では、日系企業のように住宅手当などの福利厚生を導入している企業は少ないです。しかし、その分給与が高いので大きなデメリットではないでしょう。



②結果が出せなければ生き残れない

外資系は雇用が不安定だと言われています。優秀な人は昇進・昇給できますが、仕事が合っていない場合は厳しい現実に直面することになるでしょう。最悪、解雇になる恐れもあります。とはいえ日本の労働法上、一方的にクビになるということはありません。


ただし、実力のある年下が昇進し、自分は変わらないとなると自主的に去っていく人も多いようです。とくに成果重視の外資系コンサルティングファームは「Up or Out(昇進するか退職するか)」という文化が見られます。


また海外ではインターンや職業訓練で業務の経験を積み、それから正式に就職することが多いと言われています。そのため「正社員=十分な実力がある」と認識されやすいです。外資系の場合、そのような仕事のスタイルごと日本に輸入されていると考えられます。


 ③ボスの権限が強い

外資系企業では、基本的に直属の上司が部下の評価を行います。上司にとって良い部下(成果を上げられる部下)であれば、出世もしやすいと言えます。しかし、そうでなければ働き続けること自体が難しくなります。


特に上司が外国人である場合は、十分なコミュニケーションが取れるように、必要に応じて相手の文化も学びましょう。


④一定の英語力は求められる

外資系企業の本社がどこであれ、ビジネスレベルの英語力は求められます。TOEFLやIELTS等、国際的に知られる試験でスコアを取得しておくと役に立ちます。


スコア基準が設けられていない場合は、自分の力を信じて選考を受けてみるのもよいと思います。筆者の周りでは、日常会話レベルの英語力で現地企業への就職を決めた人もいました。



外資系企業に向いている人は?

向いている人

以上のメリット・デメリットから、外資企業に向いている人は次のような人だと考えられます。

外資系に向いている人

  • 早くキャリアを積みたい
  • 自分の能力を試したい
  • 挑戦できる環境が欲しい
  • お給料が多い方が良い
  • グローバルな環境で働きたい


  • 外資系を志す際の注意点


    海外出張や海外赴任を目的とするなら、日本の企業の国際部門に行く方がチャンスは多いです。


    外資系の日本採用は日本で働く人材を採る目的で行われています。そのため、国内でグローバルに活躍したい人に向いています。ゴールドマンサックスの採用ページでも、地域に根差しつつ、グローバルにネットワークを利用することが必要だと指摘されています。


    外資系企業が日本で十分に展開するにあたっては、日本の特徴を捉えていることこそが重要です。採用活動においては「現地に詳しい、地域経済の当事者」を発見することが目的であり、ただ単に語学が堪能・グローバル志向な人材を探しているわけではありません。「外資系企業だから日本経済は知らなくていいや」とはならず、外資系で働くからこそ日本経済への十分な理解が必要とされます。


    外資系企業の選考の特徴について

    特徴


    ここまで「外資系で働く」ことに注目して紹介してきましたが、実際に働くには選考を通過しなくてはいけません。


    ここでは大まかな流れをご紹介します。企業ごとの詳しい選考スケジュールは異なりますので、各企業の選考ページをご参照ください。また、日本の企業も含めた就活全般の開始時期に関しては、以下の記事にまとめています。こちらもあわせてご覧ください。


    就活は何月に始めて、いつ終わる?開始時期ごとの解説と短期で終わらせるコツ3選


    外資系は日系より選考時期が早い

    一般的な日本の企業は経団連の指示で就活時期の制限がありますが、外資系はその制限がなく、早めに優秀な人材を確保できます。経団連による「就活ルール」は廃止されると言われていますが、現時点(22卒の段階)では多くの企業で例年通りの採用活動が行われています。


    外資系の選考は、その条件の良さから優秀な人材が集まりやすく、競争も激しいと言われています。自分は入社後どのように役立てるか、経験とともに説得力を持ってアピールすることが重要です。


    実際の選考スケジュール

    ・大学3年 夏~ インターン

    大学3年の春からインターン情報をリサーチしましょう。特にコンサルは6月頃にインターンが行われる場合もあるようなので、早め早めに行動しましょう。締切日から逆算して、計画的に応募することが大切です。

     

    ・大学3年 9月~1月 本選考

    秋になると、Webテストやエントリーシートの提出が増えます。外資系も他の日本の企業と同様に、面接やグループディスカッションで選考が行われます。また、外資系では「ジョブ」と呼ばれる就業体験が用意されており、実務内での適性確認や能力テストも実施されます。優秀と認められた場合、12月~1月頃に内定が出されます。


    選考ステップとしてインターンが超重要

    外資系企業では、インターン参加から本選考につながるケースが多いようです。インターンで人事が就活生を観察し、優秀者を面接に呼んで内定を出します。そのため、本選考より前に内定をもらう人もいます。

    インターンの優秀層で採用枠が埋まる可能性も高く、早くから企業と接点を持つことが重要とされます。本命企業にはインターンから応募をして、少しでも可能性を広げておきましょう。


    まとめ

    まとめ


    外資系企業についてまとめました。この記事のポイントをおさらいします。

    ・外資系企業とは、海外の企業や投資家が一定以上の出資をしている日本の企業のことである
    ・給与水準は比較的高く、ワークライフバランスも尊重されている
    ・その反面、実力主義であり、能力が十分でないと解雇の恐れもある


    外資系企業は選考・働き方ともに、一般的な日本の企業との相違点が多いです。「外資系だから良い」「日本企業は合わない」といった見方ではなく、それぞれどのような点で自分に合うか・合わないか検討することが大切です。

    ざっくりと志望が決まったら、企業を一つ一つ吟味して志望順位を決めていく作業もしてみましょう。詳しくは、企業研究の方法とともに以下のページで解説しています。


    【テンプレート付き】アウトプットがはかどる企業研究のやり方

    納得して就活が終えられるよう、さまざまな特徴を持つ企業を比較検討してみましょう!







就活のプロに相談してみる 就活のプロに相談してみる

編集者

JobSpring Online編集部

後悔のない就活を応援するメディア「JobSpring Online」のメディア編集チーム。

構成メンバー: コンサルタント、人材業界マーケター、学生ライター、etc.

TOPIC

新着記事
就活のプロに相談してみる