就職先がなかなか決まらなくてつらいときは無理をするな!

就職先がなかなか決まらなくてつらいときは無理をするな!

CONTENTS

内定がなかなかもらえず「つらい」

就活鬱にならないための対処法

思い切って休む

もう一度将来について考えてみる

気楽に考える

内定承諾先を決めかねて「つらい」

内定ブルーにならないための対処法

周りの人と話す

企業に足を運ぶ

もう一度会社の情報を調べる

共通していえること

まとめ

皆さんの周りの友達の中にも続々と内定が出てきている人がいる時期でしょう。


でもまだ決まっておらず不安にかられ、精神的に厳しい状況に追い詰められている人であったり、内定をもらい受諾したが、本当にこのままで良いのか不安になってしまう内定ブルーの状態に陥っている学生も多いと思います。


そこで今回は、就活で内定が決まらずつらいときの対処法や、内定ブルーになった時の対処法をご紹介していきます。


内定がなかなかもらえず「つらい」

就活がうまくいかない理由は人それぞれでしょう。

『ESがなかなか通らない』『面接で上手く喋れない』などが挙げられます。

そのストレスがたまると精神的に落ち込み、やがて就活鬱になってしまいます。  

NPO法人のPOSSEによると7人に1人が就活鬱になっていると言われています。


就活鬱にならないための対処法


思い切って休む

就活のことを考えるのを一旦やめてたまには思い切って休むのもありです。たまには自分の趣味に没頭したり、友達と遊んで気分をリフレッシュさせましょう。


もう一度将来について考えてみる

一度自分に問いかけてみてください。ただやみくもに企業を受けていませんか?一度立ち止まって自分が将来本当に何をしたいか考えてみましょう。見つめ直してみると、もしかしたら自分にあった企業が見つかるかもしれません。


気楽に考える

企業が学生を採用する基準はその企業の求める人物にあっているかです。どんなに優秀で出来が良くてもその企業の求める人物像にマッチしない場合もあります。そんな時は『ああ、この会社とは合わなかったんだな』と気楽に考えましょう。


また、『こんな優秀なのに取らないなんて後で後悔するぞ』とあえて自分を下げずにポジティブに捉えましょう。


内定承諾先を決めかねて「つらい」

複数の企業から内定がもらえ喜ぶのも束の間、いざ就職先を決めようとするもどこにしようか悩んで気分が落ち込んでしまう人もいます。


また、自分が就職しようとする企業が本当に自分にあっているのかであったり、このまま就職して上手くやっていけるのかという状態になってしまう人も多くいます。


これらの状態を「内定ブルー」といいます。


内定ブルーにならないための対処法


周りの人と話す

これは就活鬱になってしまった人にも言えることですが、家族や友達に相談してみましょう。


自分だけの考えのみではどうしても主観的になってしまいがちです。周りの人の意見も聞く事で客観的な考えを取り入れ、あらゆる角度から考えを巡らせていきましょう。


企業に足を運ぶ

内定をもらった企業に実際に足を運んでみましょう。


内定者フォローのために面談や施設見学、懇親会を開いている企業も多くあります。それらに参加する事で自分と就職先の企業の相性を判断するのも1つの手段です。


また、実際に就職した後の人間関係の構築にも役立ちます。


もう一度会社の情報を調べる

その企業の企業理念であったり、福利厚生を調べてみましょう。新たな気づきや発見が見つかるかもしれません。

また、この企業に就職した後のキャリアプランを考え将来自分がどうなっているのかを想像する事で、前向きな気持ちになる事もあります。


共通していえること

無理をすると精神的にだけでなく身体的にも影響をおよぼしてしまいます。あまりにもひどい場合は心理カウンセラーに相談するのも1つの手でしょう。何より大事なことはあなた自身です。体が壊れてしまう前にあらゆる対策をしましょう。

まとめ

今回、就活鬱や内定ブルーになってしまった人の対処法をご紹介しました。


心をリフレッシュする方法は人それぞれだと思いますが、やはり一番重要視することは自分が幸せになることです。よりよい就活にするため色々試行錯誤してみましょう。


また、どうしてもうまい落とし所がわからなかったり悩んでしまう場合は、「Job Spring」で相談してみましょう。参考になる意見が聞けるでしょう。



就活面談サービス「JobSpring」へのご予約はこちらから!

RANKING

人気記事ランキング

TOPIC

新着記事