就活の不安はなぜ生まれるのか?原因と解消法まとめ

CONTENTS

就活の仕方は正しいのか

社会人としてやりたいことが見つけられない

面接がうまくいかない

不採用になるのが怖い

まとめ

皆さんは「就活」という言葉に対してどんなイメージをお持ちでしょうか?


楽しい? わくわくする? それとも不安?


おそらく大半の人が不安や大変そうだといったイメージを抱くのではないでしょうか?


就職活動は受験とは少し違い、今後の社会活動に大きく影響を与えます。大半の人にとっては人生の一つの大きな選択となるでしょう。そんな重大な活動の中では真剣考える故に様々な不安がつきまとうものです。


今回は数ある不安の中から皆さんが一般的に感じるものをピックアップし、それに対するメンタル解決法をご紹介していきます!


就活の仕方は正しいのか

 一部の人を除いて、「就活」というのは、誰もが初めて経験するものです。そのため、いざ就活を開始しても自分のやり方が合っているのかわかりません。 


「ナビを使って興味のある企業をエントリーしているけど、他の方法も試した方がいいのか」「OB/OG訪問はした方がいいんだろうか」「就活の軸を若手から成長機会のある企業にしているが正しいのか」といった疑問があります。



 結論から言ってしまえば、就活の仕方に正解はありません。



なので、正しいか否かで判断するよりも「自分が納得できるか」で判断すべきです。つまり自身のやりたいこと、できることをベースにどのようなアプローチをすれば納得のいく就活になるのかを考えることが大切です。


例えば、「成果主義的な環境で自分を高めていきたい」のであれば、外資系企業だけでなくベンチャー企業も視野に入れます。そうすると、使う媒体はベンチャー企業を扱うナビだけでなく、人材紹介会社(就職エージェント)なども手法として考えられます。



また、「自分は企業の雰囲気を知らずには選考を受けたくない」「内定承諾はしない」のであれば、OB/OG訪問を頻繁に行うことがカギになります。



どんな就活の仕方をとるのであれ、ポイントは「情報収集を怠らないこと」と「友達の就活を気にしないこと」です。



前者は納得のいく就活を導くために、できるだけ多くの選択肢を知っていたほうが良いです。


後者は逆に自分なりの仕方を見つけたのだから、周りと違っても当たり前だと考えることです。


社会人としてやりたいことが見つけられない

 幼いころの経験から「◯◯になろう」と決めていたという人は少ないでしょう。さまざまな仕事がある中で自分がしたいことなんてそう簡単に見つかりません。


目標としていた業界があった人でさえ、就活中に見失うことも多々あります。「社会人としてやりたいことがないままじゃ企業も選べない」、「運よく内定をもらえてなんとなく就職しても上手くいくかわからない」といった不安はよくあることです。


 解決法としていくつか覚えておいてほしいポイントが3つあります。 以下ご紹介していきます。 


①最初からやりたいことがある人の方が珍しい

心構えとして知っておいてほしいのは、やりたいことのない人は自分以外にもたくさんいるということ。焦る必要はないのだと心に余裕をもって着実に探していきましょう。

②やりたいことは体験を通して見つかる

人が何かをしたいと思うのは情報に触れたときです。最初から業界を絞ろうとせず、見聞を広めること、少しでも興味があったら実際にインターンに参加してみることが大切です。考えてダメなら動いてみよう!

③できること、得意なことから探すのもあり

なかなかやりたいことが見つからないときは、今までの経験から得意だったことを仕事で活かせないか考えてみましょう。


「特段惹かれる分野はないが、地頭の良さでどんな問題にも解決策を提案してきた」のであれば、ビジネスコンサルタントなどが該当します。


プログラミングが得意なのであれば、ひとつの企業で専任SEとして働くのか、外注としていろんな企業で経験を積むのかなど選択肢が広がります。


面接がうまくいかない

 受けたい企業が見つかり、面接に進むがなかなか次のステップに進まない。


「自分の面接での受け答えが悪いのか、それとも単に縁がなかっただけなのかわからない。このまま同じような面接を受けてダメだったらどうしよう…」そこから緊張したり、言いたいことが言えなかったりする悩みは多いはずです。


 面接は「選考」ですが「テスト」ではありません。人が人を知るために会話をするのは当たり前のことなので身構えず、自然体で受けるのが一番印象が良いでしょう。


また、面接が終わったら逆質問の際に思い切って自分の改善点を聞いてみるのもありです。


一度目で完璧な面接ができる人は稀です。そんな人よりも改善努力をする姿勢は少なからず評価されます。改善点がわかればその面接で通過できなかったとしても、理由がわかるので精神的には楽になります。


また、ある程度面接慣れしてきたところで、落とされてしまった企業に対しては「改善してきた受け答えで通過しなかったのだから、縁がなかったんだな」と腑に落ちるようになります。


不採用になるのが怖い

 不採用になるというのは就活の中でも一番大きなショックでしょう。


「面接ではそれなりに上手くやっていたはずなのにお祈りメールが来た」、さらには「不採用が続くと人格が否定されたみたいだ」と感じる人はメンタルヘルスがかなりやられています。


最悪、次の企業を受けるときにも足がすくんでしまい、思うように力を発揮できずまた不採用という悪循環に陥ります。



 不採用への不安、不採用になった時のメンタル対処法は3つあります! これらをつらくなったときに、思い出してみてください。

 

①前提としてほとんどの人に「不採用通知」は来る。

企業は千差万別です。人間も十人十色です。違いがあって当然なので、その違いが就活における不採用と考えれば、気を落とす必要はありません。


どこでも受かる人の方がころころと自分を変えて、本質を見ていないということになります。


②企業はあなたの人間的価値ではなく労働的価値で判断している。

「不採用=人格否定」ではありません。企業は企業のためだけでなくあなたのためにも能力的にここでやっていけるか、ここならうまく成長できるかなどを判断します。


よく「面接では人柄を見る」と言いますが、見ているのはその人柄と企業精神や経営理念、雰囲気の親和性です。親和性がなかったのならむしろ、入った後に後悔する可能性があったと割り切れます。


③不採用となったとき、本気で対策をしたかをもう一度自分に問いかける。

不採用になった企業とは「縁がなかった」と割り切ることも大事です。


ただそれでは前に進まないので、一度振り返るのが良いでしょう。グループディスカッションなら「自身の役割は本当に果たせていたか」、面接では「微妙な反応をされていなかったか」「質問に対して正確な受け答えをしていたか」「明るく話せていたか」などをチェックし、もし気がかりがあれば、次に同じようなミスをしないよう対策を打っていきましょう。


まとめ

就活という大きな局面だからこそ、たくさんの不安や葛藤があると思います。


しかし、そんな中でも前向きに捉え進んでいけば、必ずあなたの納得のいく結果が見えてくるはずです。そのためにこの記事を見て少しでもお役に立てれば幸いです。


不安や悩みがあるとき、人はだれかに相談することで気持ちが楽になります。


困ったときは親御さんや友達に話してみるのも良いでしょう。


また就活エージェントに相談すれば、キャリアカウンセリングだけでなく、自己分析、業界研究といったあなたの就活全般について相談に乗ってもらえます。


Rootsでも上記の不安をすべて解消する面談をしていますので、ぜひ一度ご利用ください!



~選考前から内定後まであなたの就職をフォローします! ~

株式会社Rootsのプレミアム面談

詳細はこちらから → https://joppy.jp/lp/05/192


TOPIC

新着記事